レビュー
» 2021年03月07日 12時00分 公開

目で楽しむ華麗なサイコロの世界 小説がテーマになったものや、4つ組み合わせると十字が浮かび上がるものまで司書みさきの同人誌レビューノート

手元に置いておきたくなるデザイン性。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 おうち需要の高まりで、室内で遊ぶゲームが人気だそうですね。今回の同人誌は、電源不要のアナログゲームでよくお目にかかる小さな小さなアイテム、サイコロのご本です。

今回紹介する同人誌

『せかいのぶひん』A5 12P 表紙・本文カラー

著者:ダイスデザイン/製作:珠(珠工房)、冊子編集/デザイン:ナカタヒサ(久遠堂)


同人誌 図書館 司書 さまざまな色とデザインで一辺16ミリの世界が多彩に

華麗なサイコロの世界が広がる

 英語でダイスとも言うサイコロ。白い本体にぽちぽち丸い模様がついているのが一般的なイメージでしょうか。一方でテーブルトークRPGやボードゲームなど、アナログゲームを楽しむ人たちの間では6面体だけでなく、8面体や10面体などの多様なサイコロが使われてきました。私も10面ダイスや、クリア素材のものを初めて買ったときにわくわくと胸躍らせた思い出があります。

 そのわくわく感が、このご本では倍増して繰り広げられているんです。形こそスタンダードな真四角ですが、一見して「わっ、これなになに?」と手に取ってみたくなるオリジナルデザインのサイコロ11種類が紹介されています。

同人誌 図書館 司書 12カ月のサイコロたち。思い入れのある月を選ぶか、逆に気に入った花から選んだりと、どれを手にするか迷ってしまいそう!

デザインから思いを知る面白さ

 まずはサイコロの大切な役割、数字を知らせるデザインの豊富さが目をひきます。普通なら1つの丸があるだけの「1」の面にお花が描かれていて、しかもそれは12カ月分それぞれの誕生花が模されているとか、月と蝶、金魚鉢と金魚など、すてきな作品が次々に登場します。例えば、サイコロを4つ組み合わせると十字が浮かび上がる仕様になっているものも。そんな仕掛けを知ったら4つそろえてしまいたくなるではありませんか! また色もカラフルで透き通っていたり、きらきらしたラメ入りだったりと、時に愛らしく、時に重厚な、それぞれに違った雰囲気を醸し出しています。

 こんな多彩なサイコロの世界がページをめくるたびに現れてくるのが、なんとも楽しいのです。本体写真、デザイン画、テキストがすっきりとまとまっているので読みやすいカタログ風でありつつ、モチーフや制作の裏話が添えられることで製作者さんの思いを伝える読み物にもなっていて、中とじの装丁と相まって軽やかに読み進められます。

同人誌 図書館 司書 4つ組み合わせると十字が浮かぶ! わくわくせざるを得ない

物語を秘めた“モノ”を楽しむ

 サイコロたちには名前がついていることも。例えば白詰草が刻印された作品は「はなあかりのよるに」。これは宮沢賢治の短編小説『ポラーノの広場』をイメージして作られたのだとか。それを知ると、透き通った緑に白く浮かぶ花は一層に明るく見え、薄青に金色模様のバージョンは「涼しくなった頃の様子かしら……」と深読みし、清廉なイメージのサイコロはどんなゲームで使おうか、もう、妄想がはかどるはかどる。手のひらに隠れる小さな四角にこんなロマンが詰まっているなんて。

 一方で製作者さんはご本の中でご自身のサイコロについて「一辺16mmの中で完結する作品ではありません」と書かれています。手に取って転がした皆さんとかみ合ってこそ、広がっていくのだと。このご本は“モノ”の背景を知ることができ、小さな16ミリにぐぐっと入り込みますが、それだけで終わらずに、このサイコロを手に取って遊んでみたいという気持ちにつながっていくように感じました。

 すてきなアイテムに実は秘められた物語があることを知ったら、ますますそのお品が魅力的に感じられてきますよね。思いを込めてサイコロを振ると、きっといい良い目が出る気がしてきました!

同人誌 図書館 司書 本体、数値部分で色違いがあるのもすてきです

サークル情報

サークル名:珠工房

Twitter:@tama_koubou

次回イベント参加予定:2021年3月28日(日)ゲームマーケット2021大阪(インテックス大阪)出展[C-04]、2021年4月10日(土)11日(日)ゲームマーケット2021春(国際展示場青海展示棟)出展(ブース番号未定)

Webサイト:珠工房BASEサイト

入手先:せかいのぶひん



今週の余談

 私はクリアなタイプのダイスに惹(ひ)かれることが多いのですが、奥行きを感じる不透明なものもいいなぁと眺めました。デザインと組み合わせでゲームが始まる前から、手持ちアイテムに物語が宿っているなんて楽しい世界ですねぇー!

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」