ニュース
» 2021年04月12日 11時30分 公開

【料理で事故った体験談】野菜炒めを作っていたら、フライパンの柄が“弾け飛んだ”(1/2 ページ)

一体、どういうことなんです?

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「炒めものをしているときに、フライパンの柄が“弾けた”」というお話を伺いました。

連載:お料理で事故った話、教えてください

料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」に気付くために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

「柄や金具が弾けるような感じでバラバラに」



 夕飯の準備中、フライパンの柄が自分に向かって飛んできたことがあります。

―― どういうことだったんでしょうか?

 使っていたのは、購入から2年ほどたった安めのフライパン。某大手スーパーのプライベートブランド製品で、形状はよくある丸いものです。

 野菜炒めの調理中、そのフライパンを何度か煽ってから、コンロに置いてお箸で混ぜていたら、「パン!」と柄や金具が弾けるような感じでバラバラになり、それが私が立っている方向に飛んできました。

 フライパン本体は、衝撃で「ガタン」とズレただけで、調理していた食材もこぼれずに無事でした。

―― 「お箸で混ぜているとき」ということは、柄には特に力を加えていないはずですが……原因は何だと思います?

 そのフライパンには「洗った際に柄の中に水滴がたまると、柄の部品がさびて取れることがある」という旨の注意喚起を記したシールが貼られていました。

 個人的には「柄の内部に水分がたまった状態になっていて、それが熱せられたことによる軽い爆発だったのでは?」と思っています。

編集部注:フライパンの柄の破損トラブル

 実際の原因を特定することはできませんが、フライパンは柄の内部が空洞になっていることがあり、そこに水がたまることで、部品が腐食し柄が外れるトラブルは知られています

 今回の体験談のように「部品が弾け飛んだ」という事例自体は確認できませんでした(“柄が取れた”とは書かれていても、“どんな風に取れた”かまでは説明されていないことが多い)。ですが、フライパンの柄には小さな穴が開けられている場合があり、それには熱で膨張した空気や水分を逃がすなどの目的があるとか。「その穴が何かでふさがった状態のまま火にかけた結果、柄の内部から圧力がかかっていた」という可能性は考えられるかもしれません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10