ニュース
» 2021年05月12日 11時30分 公開

ステーキを食べようと思ったらキッチンが殺人現場みたいに…… 「フライパンに残った油+赤ワイン」でソースを作ろうとして事故った体験談(1/2 ページ)

いろいろな意味で恐ろしい(見た目とかヤケド、火災などのリスクとか掃除の手間とか)。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、料理中に起こった危険な出来事をインタビューする企画「お料理で事故った話、教えてください」。今回は「肉汁でステーキのソースを作ろうと思ったら『キッチンが殺人現場みたいになった』」というお話を伺いました。

連載:お料理で事故った話、教えてください

料理は毎日食べるもの。だけど、するのは意外と危ないもの。日々の暮らしの中で見落しがちな「家事にはどんな危険があるのか」「注意すべきポイント」に気付くために、いろいろな人から体験談を募集していろいろ聞いてみよう、という企画です。

よくあるハンバーグ、ステーキソースの作り方だけど、油がはねると……



 もらいものの立派なお肉をステーキにして食べようと料理していたら、キッチンが殺人現場みたいになったことがあります。

 そのお肉には脂が乗っていて、「表面をカリっと焼きあげたい」と思った私は最大火力にしました。その際、焦げ付かないようにオリーブオイルを使用。また、独り暮らしなのでフライパンは20センチと小さいものを使っていました。

 お肉を焼き終えた後、フライパンに数ミリの厚さでたまった油は、煙が出るくらい熱くなっていました。「この残った油でソースを作ろう。まあ、赤ワインを入れたら冷めるだろう」くらいに考えてドバッと注いだら、油のせいでバチバチ弾けまして……。

 近づくこともままならない状況になりましたね。ステーキの肉汁が混ざった赤黒い液体が4.5畳程度のキッチンの天井と壁全面、床に飛び散りました。イメージとしては、赤いペンキをつけたはけを何度も部屋で振り回したような感じでしょうか。

―― それも、めっちゃ熱いペンキですよね。

 衣服は異変に気付いたとき、真っ先に脱いだのでほぼ無事でしたが、その代わりに小さなヤケドをたくさんしました……。

 キッチンは冷蔵庫の裏面や換気扇のフード、天井、つるしていたキッチンラック、スパイスラック……など全て拭き掃除する必要があって、かなり大変でした。部屋が賃貸だったので、せっかくのお肉より掃除を優先しなくてはならなかったのも悔しかったですね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10