ニュース
» 2021年03月24日 12時00分 公開

亡くなってから気づいた母の愛…… 自分なりの親孝行を心に決めた漫画に多くの人が心揺さぶられる(1/2 ページ)

今では創作の原動力に。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 大好きな母への思いを描いた漫画「お母さんへ」が注目を集めています。投稿したのは漫画家のざく ざくろ(@timtimtooo)さん。


お母さんへ 親孝行とはなんなのか

 子どもの頃から、姉妹のなかで自分が一番愛されたいと望んでいたざくろさん。母から自分への愛情が足りていないと感じてしまうこともあったほどです。そんなざくろさんが成長し、20代末に差し掛かると、母親はガンになってしまいます。


お母さんへ 愛されていなかったわけではないのだけれど……

 入院時の付き添えるのは1人だけ。母が選んだのは妹でした。「なんでいっつもウチを一番にしてくれへんの。ウチを一番愛してると言うて」。母はざくろさんを一番愛していると、苦しい呼吸のなかで答えますが、ざくろさんは「そんなウソはいらん。ウソツキ!」と嘆きます。


お母さんへ 母が妹を選んだことが悲しくて……

 後に母は亡くなり、ざくろさんは「けっきょく1回も親孝行できんかった」と悔やんでいました。けれども、ふと何気ないやりとりを思い出します。自分の世話を焼きながら「ざくろちゃん漫画がんばってるの、お母さん好き」と応援する母。「そうや 残りの人生 ずっと親孝行しよう」と絵筆をとるざくろさんでした。


お母さんへ 親孝行できなかった……悔やんだときに思い出したのは絵を応援してくれた母

 母と子の愛、そして親孝行とは。ほんわかとしたタッチながら、家族の死を通してシリアスなテーマについて描いた漫画に、「心に突き刺さりました」「どうしてこんなに涙出るんだろ」と衝撃を受けた人が多くいました。「お母さんの優しさが身に染みますね」「一生懸命生きるのが親孝行」など、親と子の関係や親孝行について考えさせられたというコメントも見られました。

 ざくろさんは、中学時代の体験を元に描いて反響を呼んだ漫画「レイコ」や 、生きづらさを抱える女性の初めての恋愛「初恋、ざらり」、コミカルな「てのひらの孫悟空」、日常を描いたエッセイ漫画などさまざまなテーマ、タッチの漫画を描いています。

 


作品提供:ざく ざくろ(@timtimtooo)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」