ニュース
» 2021年03月24日 12時00分 公開

亡くなってから気づいた母の愛…… 自分なりの親孝行を心に決めた漫画に多くの人が心揺さぶられる(1/2 ページ)

今では創作の原動力に。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 大好きな母への思いを描いた漫画「お母さんへ」が注目を集めています。投稿したのは漫画家のざく ざくろ(@timtimtooo)さん。


お母さんへ 親孝行とはなんなのか

 子どもの頃から、姉妹のなかで自分が一番愛されたいと望んでいたざくろさん。母から自分への愛情が足りていないと感じてしまうこともあったほどです。そんなざくろさんが成長し、20代末に差し掛かると、母親はガンになってしまいます。


お母さんへ 愛されていなかったわけではないのだけれど……

 入院時の付き添えるのは1人だけ。母が選んだのは妹でした。「なんでいっつもウチを一番にしてくれへんの。ウチを一番愛してると言うて」。母はざくろさんを一番愛していると、苦しい呼吸のなかで答えますが、ざくろさんは「そんなウソはいらん。ウソツキ!」と嘆きます。


お母さんへ 母が妹を選んだことが悲しくて……

 後に母は亡くなり、ざくろさんは「けっきょく1回も親孝行できんかった」と悔やんでいました。けれども、ふと何気ないやりとりを思い出します。自分の世話を焼きながら「ざくろちゃん漫画がんばってるの、お母さん好き」と応援する母。「そうや 残りの人生 ずっと親孝行しよう」と絵筆をとるざくろさんでした。


お母さんへ 親孝行できなかった……悔やんだときに思い出したのは絵を応援してくれた母

 母と子の愛、そして親孝行とは。ほんわかとしたタッチながら、家族の死を通してシリアスなテーマについて描いた漫画に、「心に突き刺さりました」「どうしてこんなに涙出るんだろ」と衝撃を受けた人が多くいました。「お母さんの優しさが身に染みますね」「一生懸命生きるのが親孝行」など、親と子の関係や親孝行について考えさせられたというコメントも見られました。

 ざくろさんは、中学時代の体験を元に描いて反響を呼んだ漫画「レイコ」や 、生きづらさを抱える女性の初めての恋愛「初恋、ざらり」、コミカルな「てのひらの孫悟空」、日常を描いたエッセイ漫画などさまざまなテーマ、タッチの漫画を描いています。

 


作品提供:ざく ざくろ(@timtimtooo)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声