ニュース
» 2021年03月30日 19時00分 公開

「18万円の当選馬券、10万円で買って」 バンドマンが詐欺被害にあう漫画が強烈な結末(1/2 ページ)

緊張感あふれる心理戦。

[コンタケ,ねとらぼ]

 少年が詐欺師から「当たり馬券を買ってくれ」とお願いされる漫画『サギ師とバンドマン』が、緊張感あふれる展開と強烈なオチとなっています。読み終わった後、「Oh……」と声が出てしまうかもしれません。作者は、吉本ユータヌキさん(@horahareta13)。


バンドマン 詐欺師 漫画 twitter 若いバンドマンを狙う怪しい男が1人……

 給料日明けのバンドマンを狙う、1人の詐欺師。「あれ、おかしいな」と何かを探すふりをして、バンドマンが声をかけてくるのを待ちます。すると詐欺師の狙い通り、バンドマンは「どうしたんですか? なんか探してます?」と声をかけてしまいました。


バンドマン 詐欺師 漫画 twitter 全てうそである

 財布を落とし交番にもなく、帰るお金もなく困っている……とそれらしいことを並べる詐欺師。運賃を貸してあげようとすると1万円が必要とのことで、さすがの額に他の人にあたるよう言い渡しバンドマンはその場を後にします。


バンドマン 詐欺師 漫画 twitter 交渉を持ちかける詐欺師

 しかし、ここで詐欺師はバンドマンを追いかけ、「いいものが見つかった」と言いながら18万円の当選馬券を取り出し10万円で買わないか持ちかけました。前日に親からギターの購入費13万円を「ちょっと早い成人祝に」ともらっていたバンドマン、いろいろ考えた末に、7万円なら……と値切ると詐欺師は了承。怪しまれないよう受け渡しに人気のないところに移動することにしました。


バンドマン 詐欺師 漫画 twitter 確かに当たり馬券のようです

 移動中、半信半疑のバンドマンがその馬券が本当に当たっているのか尋ねると、競馬新聞を取り出し間違いなく当たっていることを見せてくる詐欺師。しかし、やはりどうにも怪しいと買わずに帰ろうとすると、1万でいいという詐欺師。バンドマンは了承してしまいます。


バンドマン 詐欺師 漫画 twitter アウチ……

 後日、警察署を訪れるバンドマン。やはり馬券は偽物で、どうやら新聞は偽造したものだったようです。しかも、罪悪感などから結局7万円を渡してしまっていたのでした。後日犯人は捕まったものの、詐欺師が金を持っておらず結局7万円は返ってこないのでした。

 悔しがり、いつか絶対に話のネタにして元を取ってやると誓うバンドマン……もとい、15年前の吉本ユータヌキさん。そう、これは実体験の話だったのでした。

作品提供:吉本ユータヌキさん(@horahareta13

関連記事


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10