ニュース
» 2021年03月30日 08時00分 公開

ふわふわで愛らしい子猫が2年後…… 貫禄たっぷりに仕上がった姿に「ご立派になられて」「かわいすぎる」の声

いとおしすぎる仕上がり。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 2年前と同じ格好で撮影された猫ちゃんの比較画像がとってもキュートです。子猫から成猫ってこんなに変化していたんだ……!


 愛猫の比較写真をInstagramに投稿したのは、RISATO TERASHIMA(@shimeji8graphics)さん。愛猫の名前は「ふぐ」ちゃん、通称「おふぐ」ちゃんです。

 子猫時代のおふぐちゃんはまだ産毛が生えていてフワフワとやわらかそう。飼い主さんが軽々と抱っこできる大きさで、子猫特有の愛らしさがあります。

 そして2年の月日を経て、おふぐちゃんはすくすくと成長しました。産毛はすっかりなくなり、しっかりモフモフとした毛が生えています。

 体が成長して体重も増え、なんともいえない貫禄が。こちらを見つめる表情からは「なにかね?」という渋い声が聞こえてきそう。飼い主さんも「素晴らしい仕上がりだね」とコメントしています。たっぷりの愛情を受けているのが伝わってきますね……!


 毎日さまざまな変化を経て、今こうして元気な姿でいるのだと思うと、いとおしい気持ちがあふれてきます。子猫時代もかわいいけれど、やっぱり同じ時を過ごして成長した成猫の愛らしさは格別ですね。


 飼い主のRISATO TERASHIMA(@shimeji8graphics)さんは、名古屋の渋いビルを愛でる「名古屋渋ビル研究会」のメンバー。おふぐちゃんメインのアカウントとは別に「Risato Terashima(@shimeji_dx)」として、“渋ビル”の写真をInstagramに投稿しています。「名古屋渋ビル研究会」が年1回ほどのペースで発行している小冊子『名古屋渋ビル手帖』にも、渋ビルへのおもいを存分に詰め込んでいます。

 また、建築デザイン事務所「EIGHT DESIGN」(愛知県名古屋市)のグラフィック・広報を担当するデザイナーさんでもあり、ご自宅は「EIGHT DESIGN」でリノベーションされたのだとか。

 おふぐちゃんの背景として映る家具やインテリアから垣間見えるスタイリッシュな空間は、飼い主さん持ち前のセンスからくるものだったのですね。幸せそうなおふぐちゃんとすてきな暮らしぶりを見ていると、こちらまで心が豊かになります。








画像提供:RISATO TERASHIMA(@shimeji8graphics)さん

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10