ニュース
» 2021年04月01日 11時45分 公開

松田聖子、40年ぶりの“聖子ちゃんカット”に驚きの声 「全然違和感ない」「過去から遊びに来たのかな?」(1/2 ページ)

40年前とかわらず“聖子ちゃんカット”が似合う松田さん。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 歌手の松田聖子さんが4月1日にオフィシャルYouTubeチャンネルを更新し、1980年7月にリリースされた2枚目のシングルをセルフカバーした「青い珊瑚礁〜Blue Lagoon〜」のMVを公開。デビュー当時のトレードマークだった懐かしの“聖子ちゃんカット”姿を披露しており、ファンからは「40年前と全くかわらん」「時間止まってるんか?! ってくらい80年代のときの感じがする」と驚く声があがっています。

松田聖子 青い珊瑚礁 聖子ちゃんカット セルフカバー 「青い珊瑚礁〜Blue Lagoon〜」MVで披露した“聖子ちゃんカット”の松田さん

 2021年の第1弾シングルとなった「青い珊瑚礁〜Blue Lagoon〜」は松田さんの初期の代表作で「私自身も大好きな曲」と呼ぶ楽曲。「デビューして40年経った今、この楽曲をリアレンジでセルフカバーできることに、とてもワクワクしています」と胸の高まりを伝えています。

松田聖子 青い珊瑚礁 聖子ちゃんカット セルフカバー 「青い珊瑚礁〜Blue Lagoon〜」ジャケット

 また松田さんによると、今回のセルフカバーの「2コーラス目のサビ前、“あなたが好き あなたが好き”のリフレインの部分は、オリジナルと違うアレンジ」になっているとのこと。今回はオリジナル曲リリース当時には存在しなかったMVが制作され、松田さん自らが監督。80年代を彷彿(ほうふつ)とさせるシーンが取り入れられ、後半ではデビュー当時を思い出させるような“聖子ちゃんカット”の松田さんが登場しています。

 ファンからは、「このMVのために過去から遊びに来たのかな? って思うくらい」「聖子ちゃんカット全然違和感ないですね」と色あせない松田さんの“聖子ちゃんカット”に感激する声とともに、「あの頃と遜色ないのが凄すぎて」と今もなお可憐(かれん)な松田さんに圧倒される声も見られました。

 2020年にはデビュー40周年を迎え、記念となるオリジナルアルバム「SEIKO MATSUDA 2020」をリリースした松田さん。「SWEET MEMORIES〜甘い記憶〜」「瑠璃色の地球 2020」などヒット曲のセルフカバーや、37年ぶりにシンガー・ソングライターの財津和夫さんとタッグを組んだ新曲「風に向かう一輪の花」が多くのファンの心をつかみ、ロングヒットを記録しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響