ニュース
» 2021年04月01日 14時50分 公開

静岡県のローカル給食メニュー「さくらごはん」天神屋で発売へ 四角いアルミパックに「ミルメーク」も

給食で食べたやつ!

[ねとらぼ]

 静岡県を中心に弁当・総菜チェーンを展開する天神屋は、懐かしの給食メニュー「さくらごはんとミルメーク」を4月6日より天神屋全店で販売開始すると発表しました。ばか懐かしいら!!!


さくらごはん さくらごはんとミルメーク(230円)

 さくらごはんとは、主に静岡県内の学校給食で支給されていた、しょうゆ・酒・塩で炊いたご飯のこと。ご飯の色が薄い桜色に見えるのが「さくらごはん」の名前の由来といわれています。また、四角いアルミ製の容器で提供されるのも静岡独特の風習の1つで、過去には「給食のご飯が四角いアルミパックで出てくるのは静岡だけ」とのトリビアが話題になったこともありました。

 価格はさくらごはんと、牛乳に混ぜて飲む粉末「ミルメーク」のセットで230円(税込)。また、同じく学校給食で人気のメニュー「ソフト麺とミートソース」も併せて発売予定とのことです。なお、配送地域は限定されますが、公式サイトのネット注文ページからも予約・配達の申し込みが可能となっています。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10