ニュース
» 2021年04月03日 17時34分 公開

未開封のNES版「スーパーマリオブラザーズ」が7300万円で落札される 2020年の1200万円から大幅UP

“海で一滴の水を探すほど希少”な未開封のマリオが超高額で落札。もう、何がなんだか分からない!

[するめ(以下)マン,ねとらぼ]

 米ダラスのオークションハウス「Heritage Auctions(ヘリテージオークションズ)」は4月2日、NES版「スーパーマリオブラザーズ」の新品未開封品が、66万ドル(約7300万円)で落札されたと発表しました

※NES=海外版ファミコン


マリオ7300万円 今回落札された「スーパーマリオブラザーズ」のソフト

 昨年(2020年)、未開封の「スーパーマリオブラザーズ」が1200万円で落札され、ゲームソフト単体では過去最高額に達したことで話題を呼びましたが(関連記事)、今回はその記録を大幅に上回る超高額での落札。世界記録を大幅に更新する結果となりました。

 今回落札されたのは1985年に北米で発売された、NES版「スーパーマリオブラザーズ」のやはり新品未開封品。オークションでの名称は「Super Mario Bros. - Wata 9.6 A+ Sealed [Hangtab, 1 Code, Mid-Production], NES Nintendo 1985 USA」とされており、競売に掛けられるビデオゲームの鑑定を行ったWataGamesによって、9.6というグレードが付けられています。

 これは昨年の「Super Mario Bros. - Wata 9.4 A+ Sealed [Hangtab, 3 Code, Mid-Production], NES Nintendo 1985 USA」を超えるグレードです。Heritage Auctionsのビデオゲーム担当ディレクターValarie McLeckie氏によれば、「このパッケージは1986年後半に生産されたもので、ステッカーシールではなくシュリンクラップで封入されているバージョンの中でも初期のものです。任天堂は1987年の初めまでには新しいパッケージに切り替えており、このバージョンはごく短い期間しか生産されませんでした。同様の状態のものを探すのは、海で一滴の水を探すのと似ています」と語っており、このパッケージがどれだけ希少なものなのかがうかがえます。

 こうした高額がつくNES版の「スーパーマリオブラザーズ」については、ファミコンショップグッズ保護活動などを行う、レトロゲームコレクターにしてファミコンショップ研究家、オロチ氏のサイト「ファミコンのネタ!!」で詳しく解説されています。私も全く知らない世界でした。レトロゲームが高額で取引される時代とはいえ、コレクションの世界は本当に底知れぬものがあります。

 ヘリテージによれば、昨年を越える高い価格が付いた理由はヘリテージオークションズがこれまでに提供したつり下げタブ付きの箱でも最高の品質であったことに加え、これまでに提供したなかでもっとも古い「スーパーマリオブラザーズ」のパッケージであったと説明されています。出品ページの説明によると、4番目のバージョンだとか。

 なお、このオークションが行われた4月4日には、ほかにも印象的なソフトの落札がありました。マイク・タイソンが登場する「マイクタイソンのパンチアウト!!」が10万2000ドル(約1129万円)、さらに「ロックマン」が14万4000ドル(1594万円)で落札されています。どちらもとてつもない高額ですが、今回7300万円で取引された「スーパーマリオブラザーズ」が桁違いな数字で世界記録を更新しており、レトロゲームコレクションの奥深さの一端がうかがえる形となっています。


マリオ7300万円 パッケージ裏側

※画像はHeritage Auctionより




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」