ニュース
» 2021年04月13日 11時40分 公開

市川海老蔵、“自称神父”にジムでボディータッチされ激怒 風呂場までしつこくつきまとわれ「ありえないよね」(1/2 ページ)

こんなの怖すぎ。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが4月12日にブログを更新。11日にジムを訪問したところ、見知らぬ男性からつきまとわれ、体を触られたことを報告しています。

市川海老蔵 痴漢 被害 騒動当日のジム(画像は市川海老蔵オフィシャルブログから)

 ハードな歌舞伎演目をこなすべく、トレーニングを頻繁に行っている海老蔵さん。夜の部の舞台を終わらせた後、向かった先のジムで“自称神父”だという男性に風呂場までつきまとわれた揚げ句、ボディータッチまでされたといいます。

市川海老蔵 痴漢 被害 ジム風呂好きな海老蔵さん(画像は市川海老蔵オフィシャルブログから)

 海老蔵さんは失礼極まりない行為に「内面はガチギレ!」だったものの、気持ちをグッと抑えてわずかな怒りをにじませる程度ですませたとのこと。丁寧な謝罪を受けてもモヤモヤは晴れることなく、「ありえないよね」「それなら最初からスナや!」といら立ち混じりの思いをぶつけています。

 嫌な出会いは続いてしまうもので、“神父”をやり過ごした後には、“酔っ払いのアンチャン”から「写真撮ってくださーい!」と軽いノリでお願いされたといいます。「身元のわからない方と写真撮るとね、何があるかわからない」という理由から拒否したそうで、「大勢のファンとか、身元がハッキリしている方は私も撮りますよ」「最低限のマナーを守ってくれていれば」と断り書きを最後につづっていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.