ニュース
» 2021年04月13日 17時05分 公開

ギャル曽根、YouTube初配信で夫と10年ぶり共演 料理そっちのけでの“夫婦漫才”にニヤニヤする人も(1/2 ページ)

見てて和むわー。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 タレントのギャル曽根さんが公式YouTubeチャンネル「ごはんは残さず食べましょう」を開設。4月12日の初回配信で、テレビディレクターで夫の名城ラリータさんと丁々発止のかけ合いを見せており、ファンからは「ご主人にデレデレで幸せそうにしてる曽根さんも可愛いー!」と、普段は見られないギャル曽根さんの一面にもん絶する声が上がっています。

【ギャル曽根家】定番オムライス

 視聴者に向けてオムライスの作り方を解説することにしたギャル曽根さん。画面外の名城さんを確認すると、すぐさま「ウチのパパに見られてるから緊張」「身内に見られるのあんま好きじゃない」と本音を漏らし始めます。

 自分が「すごくできるタレント」ではないため、スタッフや後輩に「あいつの嫁ぽんこつじゃね?」と思われ、ひいては夫の立場も悪くなることを恐れているとも告白。2人が同じ現場に居合わせるのも10年ぶりとのことです。

ギャル曽根 YouTube 夫婦共演を避ける意外な理由(画像はYouTubeから)

 家族絡みのにぎやかな話を繰り広げつつ、ケチャップをドバッとフライパンに投入した場面で、妻のおおざっぱぶりを見かねた名城さんは「(オムライスの)作り方を見ていただくんですよね……?」と冷静にツッコミ。夫の眼前で早くもぽんこつぶりを露呈したギャル曽根さんは、「あーヤバい! (ケチャップの分量を)量るの忘れてた!」と悲鳴を上げる羽目に。

 痛恨ミスの後もギャル曽根さんは、本来の料理解説を大きく脱線して、ケチャップを巡る夫婦のエピソードトークを延々続行。半分あきれ顔の名城さんが「今まで泳がせていたけど誰が興味あんの? 強いて言うならウチのお袋ぐらい」「スターだったらまだ分かるよ?」と鋭くたたみかけたところ、「これ私のチャンネルだから! 私のことを見たい人が見てるわけでしょ?」「テレビマン的に考えちゃダメ!」と、料理をそっちのけにして反撃に打って出ます。

ギャル曽根 YouTube 夫の痛烈なツッコミ(画像はYouTubeから)

 しかし、「オムライスの作り方が見たいんでしょ?」ともっともすぎる一撃をもらうと、「それを言っちゃあもうおしまいよ!」と手をたたいて吹き出し、周囲のスタッフも大ウケする事態となりました。2人ともいつもこんなノリなのかな?

ギャル曽根 YouTube すっかり笑いが絶えない現場に(画像はYouTubeから)

 オムライスが完成した後も、「ねえ? もうちょっとおいしそうに食べて?」とオーダーしたギャル曽根さんに、名城さんがふざけた調子で感動顔を作ってみせたり、食後に夫婦そろって忍者のように手を組んで「どろん」ポーズを披露したりするなど、笑顔が終始絶えない配信となっていました。

 動画のコメント欄では、今後の配信への要望に加え、「曽根チャンと旦那さんの掛け合い、なんかほっこりして好き」「なんだかんだ言ってイチャイチャ動画」と、2人の仲よしぶりを反映したやりとりに魅了されたという声も多数見られました。

ギャル曽根 YouTube 2人仲よくシュールなポーズ(画像はYouTubeから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.