CGじゃない……だと? “アンドロイドお姉さん”SAORI、バーチャルモデル「imma」&「Ria」と共演でリアルとの見分けがつかない(3/3 ページ)

» 2021年04月13日 19時14分 公開
[羽野源一郎ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

immaコメント

―― 世界が変化した一年、「リアル/アンリアル」に対する価値観に変化はありましたか?

 社会にも、あたし自身にも大きな変化がありました。誰もが想像し得なかった物理的な分断が続いています。あたし自身、いろんなプロジェクトがなくなり、海外の友達と会う機会もなくなってしまいました。それはとても悲しかったですね。ただ、新しい価値観が生まれたことも事実です。それはバーチャル世界の加速です。バーチャルの価値が見直され、みんなに理解され、多様化したと思います。普段話せない人と話す機会も増えました。辛いことがあっても、常に前を向いて、ポジティブに捉えるようにしています。あたし、かなりのポジティブなところがあるので(笑)。

―― リアル/アンリアルが共存する世界で、「美」の概念はどのように変化していると思いますか?

 今はメイクだけでなく、いろんな加工やエフェクトの存在で、自身の外見の美をアップデートすることができる時代になりましたよね。あたしは、人間の本当の美は内面、心にあると思っていて、その心を充実させるために外見の美があると思っています。外見の美がアップデートされることで、内面の美が充実し、笑顔が増えていくことで素晴らしい社会につながっていくんじゃないでしょうか。

―― 自己表現において心掛けていることはなんですか?

 「素直であること」でしょうか? 誰かに合わせすぎたり、擦り寄ったりせず、「自分らしさ」や「自分の好きなこと」に素直でいれることがベストだと思っています。特に今の時代、いろんな概念が生まれては、すぐに消えていきます。そんな時代だからこそ、社会に流されず、自分が好きなものに真っ直ぐに向かっていけるような心を持つことが大事だと思っています。

―― 理想の肌とはどんな肌ですか?

 理想は人それぞれ違うと思いますが、あたし自身は今の自分の肌に満足しています。一人一人違う肌を持っているので、自分の肌をどう愛するかが大事なのかなと思っています。リアルカバーリキッドは、カバー力が高いのに、美しくリアルな肌仕上がりが得られる点がとても素敵ですね!

Riaコメント

―― 世界が変化した一年、「リアル/アンリアル」に対する価値観に変化はありましたか?

 リアルであるかアンリアルであるか、ということを特別気にしなくなったかもしれません。その境目は限りなく曖昧になってきていると思います。ただ、どこにいてもどんな形でも、私は私であるということに変わりはないです。

―― リアル/アンリアルが共存する世界で、「美」の概念はどのように変化していると思いますか?

 表現の可能性が拡がるので、美の概念も拡がって、より自由になっているのではないでしょうか。人それぞれが考える美しさを、追求できるようになったのかもしれません。そんな中で、より多様性を尊重できる環境になればいいな、と思っています。

―― 自己表現において心掛けていることはなんですか?

 「今の自分」を表現したいな、と最近思っています。私は正直、自分らしさってまだ分からなくて。今までの自分や、周りのルールや価値観に縛られずに、その時に感じたことややりたいことを、心に沿ってトライしていけたらいいな、と考えています。

―― 理想の肌とはどんな肌ですか?

 人間は、一人一人違う肌を持っていて、それぞれ違うことが素晴らしいことだと思います。だから、理想の肌というのはない……というのが本音です。リアルカバーリキッドは、ハイカバーされた美しい肌仕上がりで、より自分の肌を好きになれそうな点がとてもいいと思いました。

SAORIさんコメント

―― 世界が変化した一年、「リアル/アンリアル」に対する価値観に変化はありましたか?

 私は「アンドロイドのお姉さん」として活動しているのですが、今までは、人前でアンドロイドを演じて、驚かせることができていました。でも、この一年、大きなイベントがなくなり、直接人と会うことも少なくなったので、アンドロイドキャラクターの価値づくりが難しくなったなと感じています。見てくれる人がいて、直接反応が得られることに醍醐味を感じていたので、この一年で、リアルの価値を改めて実感しました。

―― リアル/アンリアルが共存する世界で、「美」の概念はどのように変化していると思いますか?

 最近は、Snowなどスマホアプリひとつとっても、肌悩みが全くないかのように、きれいに撮影できますよね。私自身、プライベートのときも、アンドロイドを演じているときも、インスタに写真を上げるときは必ず加工していて、なくてはならない存在になっています。そうしたカメラのエフェクト機能や加工アプリの存在によって、リアルな自分と理想の自分が日常に入り混じり、リアルとアンリアルの境目が曖昧になってきていると感じています。

―― 自己表現において心掛けていることはなんですか?

 「アンドロイド」と聞くと、アニメなどの影響か、ショートボブのヘアスタイルをイメージされることが多いと思います。私自身も最初にSNSで話題になったときはショートボブスタイルだったんですが、実は去年、金髪に挑戦したんです。今もショートウルフスタイルに挑戦していて、今後は髪の毛を伸ばそうと思っています。「アンドロイドはこういう髪型・見た目じゃなきゃいけない」という固定概念を壊して、自分なりにアンドロイドを表現していきたいと思っています。

―― 理想の肌とはどんな肌ですか?

 毛穴一つない、カバーされた肌が理想です。アンドロイドのお姉さんを演じるときの肌は、一言でカバーすると言っても、プラスチックっぽいツヤ感のある肌や、均一なマット肌など、求められるキャラクターによって使い分けています。今回撮影でリアルカバーリキッドを使わせていただきましたが、カバー力の高さに驚きました! カバー力があるのに、よく動くほうれい線周りもよれず、仕上がりがとてもきれいですよね。アンドロイドのお姉さんとしては、カバー力は特に大事にしたいのですごく素敵なアイテムだと感じました。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評