ニュース
» 2021年04月15日 16時00分 公開

eggモデル伊藤桃々、整形を告白「隠したいわけじゃなかった」 ビフォーアフター公開で「誰?」と自虐(1/2 ページ)

「ナメクジ」「アバター」など名言続々。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 モデルの伊藤桃々さんが4月14日に公開したYouTube動画で美容整形について告白。「別に隠したいわけじゃなかった」と開けっぴろげに、初めて手術を受けた年齢から箇所、善しあし含めた感想までオープンにしました。

整形手術を告白した伊藤桃々さん

 現在20歳の伊藤さんが最初に整形手術を受けたのは18歳のときで、二重を作るための埋没手術だったとのこと。なお知名度を上げるきっかけになった恋愛リアリティー番組「太陽とオオカミ君には騙されない」(現・ABEMA)出演時はまだ何もしていなかったそうで、当時については「本当に見ないで!」とコメント。過去の写真を自分で見返しながら「どんどん顔が変わっていくんだけど」とちゃかしています。

伊藤桃々 整形 手術 鼻 目 アゴ オオカミ君 egg もはや「誰」扱いのビフォー(画像はYouTubeから)

 その後もアゴ(ヒアルロン酸)、エラ(ボトックス)、垂れ目形成(埋没)、目尻の切開と施術を重ねてきた伊藤さん。ときにはやり過ぎと感じたこともあるようで、涙袋や鼻にヒアルロン酸を注入した際は「入れまくってナメクジになっていました」「入れすぎるとアバターみたいになる」とユーモラスな名言を連発しバッサバッサと切り捨てました。「メイクが楽になる」とシンプルな利点を強調しつつもメンテナンスの必要性にも触れており、特に一定の期間が過ぎると吸収されてしまうヒアルロン酸や、ボトックスは定期的に打ち直していると明かしました。

 整形手術を受ける前は自分の容姿に悩み「鏡を見るたびに病んでいた」とコンプレックスを回想。しかし「存在感がなくて好きじゃなかった」という鼻を高くしてからは、メイクや撮影が楽しくなり、苦手だった横顔を撮られるのも平気になったと前向きな変化を語り「結構みんなしている」「人生がガチで変わった」と笑顔で話しています。

伊藤桃々 整形 手術 鼻 目 アゴ オオカミ君 egg 現在の伊藤桃々さん(画像はYouTubeから)

 コメント欄でも「コンプレックスで悩んでた昔より、今の方が自信も持てて幸せ」と整形手術への考えを明かした伊藤さん。「オオカミ君」出演時の印象を抱いたままだったというファンは「この動画で今の顔見てビビった」と驚きながらも「どんどん可愛くなるのは努力し続けてるからこそなんだな」と前向きに受け止めています。

 また変化を感じていたファンは「隠してるのかなって思ってたから全部話してくれてわかりやすいしとても有難い!」「モデルさんの実例ってめっちゃ参考になる」「正直に話すのってすごい勇気いるよな」と、正直に打ち明ける姿勢へ好感度が上がったとコメント。伊藤さん自身も「唇にヒアルロン酸入れたのかわいい」と直接周囲から指摘されることへ違和感を示しておらず「次は歯の矯正」と今後の予定もオープンにしていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声