ニュース
» 2021年05月25日 11時30分 公開

【うっかりおうちで死にかけた】小学生のころ、ハイパーヨーヨーの練習中に気を失った理由(1/2 ページ)

めっちゃ痛いやつや……。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事を伺う企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「小学生のころ、ハイパーヨーヨーで気絶した」というお話を伺いました。

大車輪(アラウンド・ザ・ワールド)



 私が小学3、4年生のころにハイパーヨーヨーが流行して、私も買ってもらって家で遊んでいました。

 練習を重ねてブランコ、犬の散歩……と1つずつ習得していき、「できる技も増えたし、そろそろ目標だった大車輪(※)を」と練習しはじめました。

※大車輪:日本ヨーヨー連盟によると、トリック「世界一周」「アラウンド・ザ・ワールド」の別名。ヨーヨーを体の横で大きく回転させて、キャッチする

 大車輪は1回転させて手元に戻すところまで成功して「何周も回すタイプもできるかも!」と思い、ある日、留守番中で家に誰もいなかったときにチャレンジしたのですが、上方向に投げ回したヨーヨーが、そのまま私の頭に直撃!! その場に倒れ込みました。

―― 聞くだけで痛いやつですね……。

 その後、帰宅した母に「何してるの?」と声を掛けられ、どれくらいの時間なのかは分かりませんが、どうやら気を失っていたらしいことに気が付きました。

 そしてなぜか「怒られる!」と思って、気絶のことは言わずに頭の痛みを耐えていた記憶が……。子どもながらに怖くなって、それ以来ハイパーヨーヨーは遊ばなくなりました。

 ちなみに、私が気を失っていたことは家族は知らないと思います。ヨーヨーが頭部に直撃したことは、大きなたんこぶができてしまって後日バレました(笑)。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10