ニュース
» 2021年04月26日 20時00分 公開

南極観測隊に同行したオスの三毛猫「たけし」の物語 国立極地研究所のアーカイブで公開中

頼もしい猫ちゃんです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 第1次南極観測隊(1956年出発)と共に南極に渡った猫「たけし」の記録が、国立極地研究所のアーカイブ室で公開されています

南極へ行った猫 たけし コンテナがお気に入りのたけし(以下、画像は国立極地研究所のサイトから)

 たけしは観測隊が出発する直前に託された猫で、「雄の三毛猫は珍しくて縁起がいい」ということから、航海の安全を願って宗谷に乗せられました。

 「たけし」という名前は永田武隊長の名前をもらったもの。犬ぞりを引くことや研究の対象になることはなかったので、残されている記録はわずかだそうです。

 公開されている写真の中には、子犬たちを引き連れたたくましいたけしの姿が。仕事をする人の隣に座ったり、雪の上で過ごしたり、南極の生活に溶け込んでいる様子が伝わってきます。

南極へ行った猫 たけし 仲良しの隊員と
南極へ行った猫 たけし 子犬とじゃれあうたけし
南極へ行った猫 たけし 子犬たちの大将です
南極へ行った猫 たけし 指定席に座るたけし
南極へ行った猫 たけし 雪の上でも平気です
南極へ行った猫 たけし 昭和基地の屋根の上にいるたけし
南極へ行った猫 たけし いっぱいご飯をもらってムチムチに

 越冬を終えたたけしは観測隊と共に日本に向かいます。お手製の救命胴衣を着て宗谷の甲板をパトロールしたり、あお向けになって昼寝をしたり、猫らしい姿も披露しています(甲板は普段はネットが張ってあるそうです)。

 日本に帰ったあとは隊員の家族として迎えられたというたけし。記録によると一週間ほどで姿を消してしまったそうですが、どこかにたけしの子孫を残しているかもしれませんね。

南極へ行った猫 たけし 甲板をパトロールするたけし
南極へ行った猫 たけし お手製の救命胴衣を着ています

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10