ニュース
» 2021年04月30日 20時15分 公開

スペインで5000人規模のコンサート実験、感染者6人も「イベント中の感染示唆しない」 EU内で同様の実験続く(1/2 ページ)

エンターテインメントを含む文化活動における新型コロナ対策に一石を投じそうです。

[城川まちね,ねとらぼ]

 5000人規模の観客を入れたライブイベントで新型コロナウイルス(COVID-19)の集団感染が起きるかどうかを検証したスペインの取り組みの結果が4月27日に発表されました。公演後の検査で陽性反応が出たのは6人。「イベント中の新型コロナウイルス感染を示唆するものはない」とする見解が示されたことは、エンターテインメントを含む文化活動における新型コロナ対策に一石を投じそうです。

スペイン COVID-19 コンサート コンサートを普通に楽しんでいるよう(画像はYouTubeから)

 この取り組みは、音楽プロモーターとスペインのバロナダにある総合病院“Hospital Germans Trias i Pujol”のグループによる実験で、3月27日にバルセロナの屋内競技場「パラウ・サン・ジョルディ」で実施。ライブに参加した観客5000人は、事前に検査を受け陰性が確認されており、会場内ではマスク着用。また、トイレなど特に注意が必要な場所では喚起などの感染症対策が厳格に行われていたものの、ソーシャルディスタンスを保たせるような制限は掛けられなかったとのことです。

 実験を担当したジョセップ・マリア・リブレ医師によると、コンサートの2週間後までに新型コロナの陽性反応が出た観客は6人。これはバルセロナ市内での一般的な感染率の半分程度で、さらに6人のうち4人はコンサート中の感染ではないことが確実視されており、残りの2人についてもコンサート中の感染ではなかった可能性が高いという見解とともに、「換気を最適にし、検査とマスクの着用もあれば安全な空間を保証できる」と述べています。


 なお、同チームは今回の実験に先立ち、試験調査を2020年12月に実施。900人を収容できるバルセロナの会場に今回の実験より一桁少ない約500人の観客を集めて行われましたが、数日経っても感染者は出なかったと発表しています。

 欧州圏では1300人の観客を集めた同様の実験が3月初旬にオランダでも実施。さらに5月3日に外出制限緩和の第1段階が始まるフランスでも、パリ12区の屋内競技場で5月29日に実験が行われる予定です。

スペイン COVID-19 コンサート 5000人の検査をするのも大変(画像はFundacio Lluita contra la SidaのInstagramから)
スペイン COVID-19 コンサート みんな陰性(画像はFundacio Lluita contra la SidaのInstagramから)
スペイン COVID-19 コンサート バルセロナ市内の約半分の感染率とのこと(画像はFundacio Lluita contra la SidaのInstagramから)
スペイン COVID-19 コンサート マスクは着用(画像はFundacio Lluita contra la SidaのInstagramから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.