88年前の流行語がレトロかわいい “トテモロおすてーき”な同人誌『モダン流行語辞典を讀む』司書みさきの同人誌レビューノート

中には今でも使っている言葉があったり。

» 2021年05月02日 12時00分 公開
[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 文章を読んでいても、音声を聞いていても、知らない単語がふっと飛び込んできたり、今までと同じような言葉が少し違う意味合いで使われているのに気付いたりしませんか。言葉は人々と寄り添う生き物のようです。今回の同人誌は、そんな時代とともに変わっていく言葉に注目されています。

今回紹介する同人誌

『モダン流行語辞典を讀む』A5 56P 表紙カラー 本文モノクロ

著者:岩峰晴子、依鳩噤


同人誌 図書館 司書

「もだる」言葉を読んでみよう。88年前の流行語辞典をのぞく

 現代の流行言葉を知りたいと思ったときに、何を調べますか? 1933年(昭和8年)の人々は当時の最先端の言葉がたくさん掲載されていた『モダン流行語辞典』を読んだかもしれませんよ。例えば「もだる」は「近世型、當世風」を意味するそうで、「モダン・ガール(モガ)」のモダンからのつながりと考えると納得ですが、思わず口に出してみたくなる「もだる」の響きはなんとかわいいのでしょう!

 こちらの同人誌では、そんな魅力ある語が詰まった『モダン流行語辞典』と古書市で出会ったのをきっかけに、お二人の作者さんが特に興味をひかれた語を抜き出し、分類してまとめられています。押さえておきたい必須のモダン用語から、ファッション、食事、女学生の流行言葉まで、特徴ある言葉を抜き出して分類されることですっきりと分かりやすく、また、折々に人名やまつわる事件について、解説コメントや引用の図版がいいタイミングで挿し挟まれて、おしゃれでちょっぴり気取った当時の雰囲気を気軽に味わうことができます。

同人誌 図書館 司書 ガールの項目では女性の職業にまつわる語も多く、華やかな街を想像してみたり……

非常時と陽気さ。あのとき新しかった言葉たちの愛おしさ

 『モダン流行語辞典』の前書きから抜き出された文章に、次の一文がありました。

「特に現代は非常時日本である。(中略)幾多の事件が次から次へと起る。その都度モダン語が誕生する」

 昭和恐慌、満州事変、国連脱退と、昭和初期の年表は確かに非常時が押し寄せてきています。調べてみると『モダン流行語辞典』が発行される前年、1932年(昭和7年)は日本放送協会のラジオの契約数が100万件を突破したのだそうです。人々は移り変わる時代を目から、耳から、より敏感に感じていたのかもしれません。けれど、えりすぐられた流行語はどれも軽快! 女学生さんが使ったという「トテモロ(すこぶる、非常に)」「おすてーき(すてきに敬語の「オ」をつける)」なんて、風変わりでレトロなのに、耳に入るとぱっと明るくなりそうな、かわいいらしさ満点ではないですか。

 ピックアップされた語がどれも冗談交じりに会話に上りそうなものばかりで、当時の街の人たちが時に斜めに世の中を眺めながらも、はしゃぎ、浮かれ、軽やかに楽しもうとした様子が愛おしく浮かんでくるようです。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 会話例がどれもいい味なんです。今でも何げなく通じるかも?

時代をさかのぼったからこそ生まれる新しい創作

 単純な語彙(ごい)のまとめだけにとどまらず、さまざまな方法で仕掛けがあるのも、こちらのご本の楽しいところです。モダン流行語クイズ、今でも使う言葉、今とは違う言葉の比較、そしてモダン語を駆使した短編小説も。うんと昔の言葉を読んでいたはずなのに、それが新しい作品に結びついてしまうなんて、トテモロおすてーき! もう、ついつい使ってみたくなるほどに、一冊の辞典にあちこちから光を当てて、88年前のほんの一言をぴかっときらめかせ浮かび上がらせる手法がお見事です。そして引用した資料には出典元や発行年、巻末に参考文献一覧を忘れない堅実さも、きちんとご本を支えています。

 浅いセピア色を思わせる紙で統一されたご本を手にして開けば、モダンな空気のあの頃へ。時代をさかのぼって会話を聞きに行ってみるのはいかがでしょうか。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 クイズや短編小説もあり!

サークル情報

サークル名:行方不明のドバトが見つかった

Twitter:@lostpigeonfound

Webサイト:https://hatoresearch.com/

入手先:まんだらけ通販サイト

参加予定のイベント:第三十二回文学フリマ東京(中止の可能性あり)、COMITIA136



今週の余談

 モダンな言葉、あんまりすてきでいまでも口に出したくなってしまいそうなんです。いまから88年先の未来では、今どきの言葉のどんなところを面白いと思うでしょうね。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」