右足切断のレスラーが“プロレス用義足”で復活! 義足の誕生秘話を開発企業に聞いた(1/2 ページ)

復帰戦では大暴れしてほしい!

» 2021年05月09日 12時15分 公開
[しげるねとらぼ]

 糖尿病の影響で右足を膝下から切断することになってしまったプロレスラー、谷津嘉章選手。しかし先日、プロレス用義足をつけて自在に動き回る姿を記者会見で披露し、大きな話題となりました。この義足はどのように開発され、どのような特徴があるのか、開発を担当した川村義肢に聞いてみました。

 オリンピック選手になったほどのレスリングエリートであり、数々のプロレス団体で活躍してきた谷津嘉章選手。2019年4月からプロレス団体DDTに参戦していた谷津選手でしたが、同年6月に糖尿病の影響で右足を膝下から切断することに。

 手術後は懸命なリハビリを行い、2020年6月7日に開催される予定だった「Wrestle Peter Pan 2020」で復帰戦を行う予定でした。が、同大会は新型コロナウイルス感染拡大を受けて開催見合わせに……。

 そんな谷津選手ですが、20214月26日の記者会見で6月6日にさいたまスーパーアリーナで開催される「CyberFight Festival 2021」(DDT 、ノア、東京女子プロレス、ガンバレプロレスによる合同興行)にて、一年越しの復帰戦を戦うことが発表されました。この記者会見では前述の義足をつけて自在に動き回り、ヘッドロックやストンピングをかける姿を披露。この姿はプロレスファンのみならず、義足でこれほど柔軟な動きが可能なのかとSNSでも注目を集めました。


 谷津選手の義足を開発したのは、川村義肢。大阪に本社を置く、義肢装具業界の大手です。これまでにも数多くの義肢開発経験を持つ同社ですが、今回谷津選手の義足を開発することになったきっかけは、谷津選手が参戦しているプロレス団体DDTの高木三四郎社長と川村義肢の川村慶社長が高校の同級生だったこと。この縁で、復帰戦に向けた義足製作の依頼を受けることになったのです。

 川村義肢によれば、谷津選手のプロレス用義足と通常の義足の違いは、プロレスの動きには欠かせない「ひねる動作」を考慮した点。スポーツ用か否かに関わらずほとんどの義足は、脚の断端を入れるソケット以外の部分の部分は用途に応じて既製品のパーツを選択して組み立てられます。谷津選手の義足では、これらのパーツの組み合わせがプロレスの動作にマッチしたものに調整されました。

 ひねる動作に義足を追従させるため、足首の部分にはゴムボール型の関節を使用。これによって、前後方向だけではなく左右方向に義足を傾けることができるようになり、より広い可動域を確保しました。また、走るための義足ではないので、接地部分にはしっかりしたソールも装着。これにより、マットに踏ん張る動作も可能となっています。谷津選手の体重も考慮しつつ、これらのパーツが最適な形で組み合わされたのが、プロレス用義足というわけです。


 また、使用者に応じた形でオーダー製作することになるのが、脚の断端を収めるソケット部分。谷津選手の義足ではプロレスの激しい動きや荷重に耐えられるよう、このソケット部分に強度に優れたカーボンを用いています。さらに断端を義足に固定するためのコンプレッション圧を、ソケット後面のダイヤルで変化させられるのも特徴。これによってその日のコンディションによって細かく異なる断端の形状にしっかりと義足を適合させられるため、プロレスの激しい動きにも義足を追従させることができるのです。

 素材やコンプレッション圧だけではなく、ソケットの形状自体にも工夫が。谷津選手の得意技といえば「監獄固め」ですが、この技はかける際に自分の両足で相手の足を固めながら折り敷いていく動作が必要になります。プロレス用義足の設計にあたって目標となったのが、この監獄固めをかけられること。そこから逆算して、ソケットのカットラインを決定するという設計手順が踏まれました。

9分40秒から機能面の解説

 開発にあたっては、実際に谷津選手の意見や技を見ながらの作業となりました。川村義肢としても、プロレスラーと話しながらの義肢開発は初めての機会。プロレスの構え方などに関しては実際の谷津選手の動作を見つつ、義足の角度などを決定していくことになったそうです。そのかいあって、谷津選手はいろいろな技をかけることが可能になり、本人も大変喜んでいたとのこと。また、義足を使ってさまざまな技をかけられる点に関しては、もともとの谷津選手のポテンシャルの高さによる部分も大きいそうです。

 以上のような方法で、プロレスに対応した義足の製作を成功させた川村義肢。「スポーツや格闘技に関わらず、今後もやりたいことを諦めずチャレンジしていただける製品を製作します」とコメントしてくれました。記者会見ではロックアップからのヘッドロックへ流れるような動作を見せ、さらに義足によってパワーアップしたストンピングも披露した谷津選手。この義足を使って、6月6日の「CyberFight Festival 2021」では思うままに暴れまわる姿を期待したいところです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」