ニュース
» 2021年05月09日 12時15分 公開

右足切断のレスラーが“プロレス用義足”で復活! 義足の誕生秘話を開発企業に聞いた(1/2 ページ)

復帰戦では大暴れしてほしい!

[しげる,ねとらぼ]

 糖尿病の影響で右足を膝下から切断することになってしまったプロレスラー、谷津嘉章選手。しかし先日、プロレス用義足をつけて自在に動き回る姿を記者会見で披露し、大きな話題となりました。この義足はどのように開発され、どのような特徴があるのか、開発を担当した川村義肢に聞いてみました。

 オリンピック選手になったほどのレスリングエリートであり、数々のプロレス団体で活躍してきた谷津嘉章選手。2019年4月からプロレス団体DDTに参戦していた谷津選手でしたが、同年6月に糖尿病の影響で右足を膝下から切断することに。

 手術後は懸命なリハビリを行い、2020年6月7日に開催される予定だった「Wrestle Peter Pan 2020」で復帰戦を行う予定でした。が、同大会は新型コロナウイルス感染拡大を受けて開催見合わせに……。

 そんな谷津選手ですが、20214月26日の記者会見で6月6日にさいたまスーパーアリーナで開催される「CyberFight Festival 2021」(DDT 、ノア、東京女子プロレス、ガンバレプロレスによる合同興行)にて、一年越しの復帰戦を戦うことが発表されました。この記者会見では前述の義足をつけて自在に動き回り、ヘッドロックやストンピングをかける姿を披露。この姿はプロレスファンのみならず、義足でこれほど柔軟な動きが可能なのかとSNSでも注目を集めました。


 谷津選手の義足を開発したのは、川村義肢。大阪に本社を置く、義肢装具業界の大手です。これまでにも数多くの義肢開発経験を持つ同社ですが、今回谷津選手の義足を開発することになったきっかけは、谷津選手が参戦しているプロレス団体DDTの高木三四郎社長と川村義肢の川村慶社長が高校の同級生だったこと。この縁で、復帰戦に向けた義足製作の依頼を受けることになったのです。

 川村義肢によれば、谷津選手のプロレス用義足と通常の義足の違いは、プロレスの動きには欠かせない「ひねる動作」を考慮した点。スポーツ用か否かに関わらずほとんどの義足は、脚の断端を入れるソケット以外の部分の部分は用途に応じて既製品のパーツを選択して組み立てられます。谷津選手の義足では、これらのパーツの組み合わせがプロレスの動作にマッチしたものに調整されました。

 ひねる動作に義足を追従させるため、足首の部分にはゴムボール型の関節を使用。これによって、前後方向だけではなく左右方向に義足を傾けることができるようになり、より広い可動域を確保しました。また、走るための義足ではないので、接地部分にはしっかりしたソールも装着。これにより、マットに踏ん張る動作も可能となっています。谷津選手の体重も考慮しつつ、これらのパーツが最適な形で組み合わされたのが、プロレス用義足というわけです。


 また、使用者に応じた形でオーダー製作することになるのが、脚の断端を収めるソケット部分。谷津選手の義足ではプロレスの激しい動きや荷重に耐えられるよう、このソケット部分に強度に優れたカーボンを用いています。さらに断端を義足に固定するためのコンプレッション圧を、ソケット後面のダイヤルで変化させられるのも特徴。これによってその日のコンディションによって細かく異なる断端の形状にしっかりと義足を適合させられるため、プロレスの激しい動きにも義足を追従させることができるのです。

 素材やコンプレッション圧だけではなく、ソケットの形状自体にも工夫が。谷津選手の得意技といえば「監獄固め」ですが、この技はかける際に自分の両足で相手の足を固めながら折り敷いていく動作が必要になります。プロレス用義足の設計にあたって目標となったのが、この監獄固めをかけられること。そこから逆算して、ソケットのカットラインを決定するという設計手順が踏まれました。

9分40秒から機能面の解説

 開発にあたっては、実際に谷津選手の意見や技を見ながらの作業となりました。川村義肢としても、プロレスラーと話しながらの義肢開発は初めての機会。プロレスの構え方などに関しては実際の谷津選手の動作を見つつ、義足の角度などを決定していくことになったそうです。そのかいあって、谷津選手はいろいろな技をかけることが可能になり、本人も大変喜んでいたとのこと。また、義足を使ってさまざまな技をかけられる点に関しては、もともとの谷津選手のポテンシャルの高さによる部分も大きいそうです。

 以上のような方法で、プロレスに対応した義足の製作を成功させた川村義肢。「スポーツや格闘技に関わらず、今後もやりたいことを諦めずチャレンジしていただける製品を製作します」とコメントしてくれました。記者会見ではロックアップからのヘッドロックへ流れるような動作を見せ、さらに義足によってパワーアップしたストンピングも披露した谷津選手。この義足を使って、6月6日の「CyberFight Festival 2021」では思うままに暴れまわる姿を期待したいところです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」