ニュース
» 2021年05月14日 12時00分 公開

東武ファン歓喜……!! スペーシアが「デビュー当時の塗装」を復刻、あの懐かしカラーが帰ってくる!(1/2 ページ)

スペーシアといえば、やっぱこの色ですよ。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 東武鉄道が、特急「スペーシア」と「りょうもう」で懐かしいデビュー当時のカラーリングを復刻。2021年6月5日からリバイバルカラー車両の運行を開始します。

東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 サニーコーラルオレンジの帯がまぶしい、特急「スペーシア」デビュー当時の車体カラー(2012年の廃止前に撮影)(写真:呼んでる渋沢、以下同)
東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川

 こちらは100系スペーシアと200型りょうもうの「デビュー30周年記念企画」の一環。これまでに東武日光線、伊勢崎線で活躍した歴代の特急を振り返り、リバイバルカラー車両を走らせる企画です。

 今回行う100系スペーシアのカラー復刻車両はこの第一弾。デビュー時のカラー「ジャスミンホワイト、パープルルビーレッドとサニーコーラルオレンジの帯、窓部のブラックライン」を再現します。

デビューから30年、日光や鬼怒川のイメージリーダーとして活躍

 スペーシアは1990年に登場した東武鉄道のフラグシップ特急列車です。浅草駅〜東武日光駅や鬼怒川温泉駅間を中心に、首都圏と日光・鬼怒川温泉エリアの観光地を結びます。

 流線形の車体デザインを特長とし、デビュー時のカラーを日光や鬼怒川を走る他の車両とそろえることで統一感を生み出していました。

 2006年からはJR東日本との相互直通運転を開始し、大宮駅や池袋駅、新宿駅へも乗り入れるようになりました。

東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 東武350系電車。スペーシアは他の車両と車体カラーテーマをそろえて統一感を表現した
東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 JR線にも乗り入れる。写真は新宿駅に到着した「スペーシアきぬがわ」号

東京スカイツリー開業、オリジナルカラーから大幅なイメージチェンジへ

 2011年から2012年にかけて、スペーシアは大きくイメージチェンジします。全ての編成でカラー変更を行い、デビュー時カラーリングの車両は姿を消しました。

東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 ゴージャスなゴールドの車体が目をひく「日光詣」カラー

 2012年に開業した東京スカイツリー。新たな観光ランドマークであり、東武鉄道および東武グループのシンボル的存在でもあります。スペーシアは、この東京スカイツリーのライトアップと同じ「雅」と「粋」のカラーテーマを採用。日光線と鬼怒川線のイメージカラー「サニーコーラルオレンジ」と合わせた3種類のカラーリングで活躍します。

 続く2015年には日光東照宮四百年式年大祭に合わせて、ゴールドを基調に黒、朱色を配した「日光詣スペーシア」(関連記事)も登場しました。

次のリバイバルカラーにも期待 見納めのカラーもなくなる前に要チェック

 今回の復刻カラーは、スペーシア全9編成のうち5編成(102、105、107、108、109編成)に実施。2021年度は5編成のうち2編成を対象に、2021年6月5日より塗装が完了した編成から順次走らせます。そこそこ数が多く、JR線乗り入れ対応の107、108編成も対象なので、目撃するチャンスは多そうです。

東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 塗装変更対象のスペーシア各編成

 今後、第二弾、第三弾企画として、「スペーシア101編成に別のリバイバルカラー復刻」「200型りょうもう2編成(205、209編成)のリバイバルカラー復刻」なども実施予定としています。

 これに併せて、現行の「雅」と「粋」カラーは見納めとなります。

東武 スペーシア リバイバル 日光 鬼怒川 見納めとなるスペーシア「粋」カラー

 ネットには「あのカラーが断然好きだから大歓迎」「うれしい! …と言っても旧塗装時代に沢山撮っていたので感動はw でも撮り直したい」などの声が上がりました。JR線乗り入れやスカイツリー開業時を思い出した人もいました。ともあれ、デビュー当時のカラーが加わっていっそうカラフルになる東武スペーシア。新たなリバイバルカラーも楽しみにしたいですね。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」