猫がかわいすぎて「出社前から帰りたい!!」 出勤が憂鬱なOLと、元保護猫の朝を描いた漫画が共感しかない

猫がかわいいので休みます。

» 2021年05月20日 22時00分 公開
[三日月影狼ねとらぼ]

 Instagramに投稿された、猫ちゃんがかわいすぎて出社できないOLさんを描いた漫画に思わず「わかる……」と共感してしまいます。

猫がかわいすぎて出社できない表紙トリミング だってかわいいんだもの……

 こちらの漫画に登場する猫ちゃんのお名前は「にゃん太」くん。にゃん太くんは車のエンジンルームに入っていたところを保護された元保護猫で、人見知りかつちょっぴりビビりな性格なんだそうです。

 飼い主さんと彼氏さんの前以外には決して姿を現さないというにゃん太くんですが、なんだかんだ飼い主さんのことが大好きなようで……?

猫がかわいすぎて出社できない

猫がかわいすぎて出社できない1 おめめキラキラにゃん太くん
猫がかわいすぎて出社できない2 出社前にちょっぴり憂鬱になっている飼い主さん

 にゃん太くんの飼い主で漫画の作者である「ポ子」さんはOLさんで、平日はにゃん太くんにお留守番をしてもらいつつ会社に行っています。

 家を出る時間が迫ってくると誰しも出勤が憂鬱になってくるものですが、ポ子さんのお宅ではそんな時間になると、なにやら足元からにゃん太くんの鳴き声が聞こえてくるようです。

猫がかわいすぎて出社できない3 ぽすっ
猫がかわいすぎて出社できない4 うわぁぁぁかわいいぃぃ
猫がかわいすぎて出社できない5 わかる(わかる)

 鳴き声に誘われるまま足元を見てみると、そこには後ろ足で立ち上がり、前足をぽすっとかけてくるにゃん太くんの姿が……!

 そしてまるで「行っちゃうのー?」「遊んでよー!」とでも言っているように、めちゃくちゃに甘えた声を出してくるではありませんか。

 鳴き声だけでもキュンとしてしまいますが、キラキラのおめめもぴーんと伸びたしっぽもかわいすぎて、毎日出社前から帰りたくなってしまう飼い主さんなのでした。

 ポ子さんはにゃん太くんと、ポ子さんとにゃん太くんのことが大好きな彼氏さんと一緒に暮らしています。Instagram(@tanapoko)やTwitter(@tanapoko15)、ブログ「田中ポ子とゆかいな仲間たち」には3人暮らしのアレコレをつづった漫画や写真、動画を投稿しています。

洗濯機の中が気になる猫

洗濯機の中が気になる猫 洗濯機の上でうろうろしていると思ったら……
洗濯機の中が気になる猫 電源ボタンを……!

画像提供:田中ポ子(@tanapoko)さん

三日月 影狼

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」