ニュース
» 2021年05月20日 13時31分 公開

『ベルセルク』三浦建太郎さん、急性大動脈解離のため逝去 悲しみの声相次ぐ

54歳でした。

[のとほのか,ねとらぼ]

 漫画『ベルセルク』の作者である三浦建太郎さんが5月6日、急性大動脈解離のため逝去。白泉社が公式サイトや『ヤングアニマル』編集部公式Twitterなどで発表しました。



 公式サイトは、「2021年5月6日14時48分、急性大動脈解離のため、ご逝去されました」と発表。『ヤングアニマル』編集部は、「この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません。思い出されるのは、編集部の人間に会うと、いつも朗らかにご自分の好きな漫画やアニメ、映画の話などを楽しく語っていた時の笑顔ばかりです。我々は三浦先生の怒った顔を見たことがありません。いつも楽しそうな少年のような方でした」と三浦さんの人柄を振り返りながら、深い悲しみに襲われていることを伝えています。なお、すでに告別式は家族のみで執り行われたようです。

 三浦さんの代表作でもある『ベルセルク』は、1989年に現在の『ヤングアニマル』の前進である『月刊アニマルハウス』で連載をスタート。単行本は40巻まで刊行中で、2021年1月には最新話の363話が『ヤングアニマル』に掲載されていました。

 また、9月に開催が延期されている「大ベルセルク展」は、現時点では開催予定とのことですが、追って詳細が発表されるとのことです。

 突然の訃報に『はじめの一歩』などで知られる漫画家の森川ジョージさんも「寒気がするほどの才能の塊でした。お互いこの歳まで作家でいられてよかった、と思っていました。急な知らせでショックです」と追悼。ネットでも「かなりのショックです」「立ち直れません」など悲しみに暮れる声が相次いだ他、「ベルセルクどうなるか最後まで読みたかったな」「ベルセルクは完結したらまとめて読もうと思ってた3大マンガのうちの一つだから残念でならない」と作品に言及する声もあがっています。

ベルセルク 三浦建太郎 ヤングアニマル 白泉社 第1巻(画像はAmazon.co.jpから)

ベルセルク 三浦建太郎 ヤングアニマル 白泉社 単行本最新巻(画像はAmazon.co.jpから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」