ニュース
» 2021年05月21日 15時00分 公開

たぶん想像以上に高機能 ヤマハ、スマホとつながる大人の快適スクーター「NMAX125」新モデル(1/2 ページ)

昨今の最新スクーターは驚くほど高機能、「アイドリングストップ」まで搭載するのか〜。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機が125ccのハイクラス原付二種スクーター新モデル「NMAX ABS」を発表。2021年6月28日に発売します。価格は36万8500円(税込)からです。

NMAX ABS 125ccクラスの原付二種スクーター「NMAX125 ABS」(画像:ヤマハ発動機、以下同)
NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS7 NMAX ABS7 NMAX ABS7

 NMAX125は、令和2年(平成32年)排出ガス規制に適合する“BLUE CORE”エンジンで刷新した125ccクラスのスクーターモデルです。

 大型スクーター「MAXシリーズ」に通じるスタイルやスポーティな走り、扱いやすさを魅力に据え、新たに車両のエンジン回転数、メンテナンスのタイミング、走行距離などの情報を車両とのワイヤレス通信で把握できる「YAMAHA Motorcycle Connect」に国内モデルで初対応しました。

NMAX ABS 車両と通信し、スマホで車両の状態を確認できる「YAMAHA Motorcycle Connect」に国内モデルで初対応
NMAX ABS 和2年(平成32年)排出ガス規制に適合する“BLUE CORE”エンジンで刷新。トラクションコントロールやアイドリングストップシステムなども搭載

 エンジンは124ccのSOHC水冷4スト単気筒で、最高出力は12馬力(8000rpm時)、最大トルクは1.1kgf-m(11Nm)。燃費性能はリッター46.9キロ(WMTCモード値)。

 タイヤの空転検知などで出力を統合制御する「トラクションコントロールシステム」や可変バルブタイミングシステムのほか、エンジンの始動用セルモーターとジェネレーターの機能を一体化した「Smart Motor Generator」を国内モデルとして、また「アイドリングストップシステム」も原付二種モデルとして初採用しました。

 カラーは「ホワイトメタリックB(シルバー)」「パステルダークグレー(グレー)」「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)」「マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)」全4色。

 ヘルメット収納に対応する容量約23リットルのシートトランク、DC12V出力端子(いわゆるシガーライターソケット/アクセサリーソケット)付きの小物入れ、フル液晶メーター、スマートキーシステムなどの便利・快適装備も山盛りで搭載します。

NMAX ABS 通勤、街乗りで質感の高いオトナな走りを実現
NMAX ABS セルモーターとジェネレーターの機能を一体化した「Smart Motor Generator」をヤマハの国内モデルとして初採用
NMAX ABS アイドリングストップシステムまで搭載
NMAX ABS7 便利・快適機能を豊富に搭載。DC12Vのアクセサリーソケットを標準搭載するのもうれしいところ
NMAX ABS7 NMAX125の主な仕様
NMAX ABS7 NMAX125のフィーチャーマップ

(カナブンさん)



フォトギャラリー

NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS NMAX ABS7 NMAX ABS7 NMAX ABS7
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」