連載
» 2021年05月22日 18時00分 公開

なでしこ&リンの関係も一歩前進? ドラマ「ゆるキャン△2」第8話に福原遥と大原優乃も感慨「2人の関係性が、とっても尊くて」クイズDEドラマ(1/4 ページ)

この二人で本当によかった。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 テレビドラマ「ゆるキャン△2」(テレビ東京系)第8話(原作だと7巻+主に10巻)が5月20日深夜に放送。ソロキャンをやってみたいとリンに打ち明けるなでしこ、そして斉藤の家ではソーセージを持ち寄った“庭キャン”が開催されました

クイズDEドラマ

4月期のドラマから毎話クイズを出題。問題は初級から上級まで全部で3問あるので、放送を思い出しながらチャレンジしてみてください。




 ※以下、ネタバレあり

ゆるキャン△スペシャル ゆるキャン△ あfろ 志摩リン 福原遥 各務原なでしこ 大原優乃 大垣千明 田辺桃子 犬山あおい 箭内夢菜 斉藤恵那 志田彩良 このときはおいしくできると思っていた…… (C)ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会

ドラマ「ゆるキャン△」あらすじ

 リンが浜名湖で語っていたソロキャンへの思いに影響されたらしいなでしこ。図書館で相談を受けたリンは、なでしこを心配しながらも、キャンプ場の選び方やソロキャンでの注意事項を真面目に説明してあげます。カメラ目線で説明しているということは、「ゆるキャン△」をきっかけにキャンプにはまった視聴者へのメッセージでもあるのかもしれません。

 原作では、ここからなでしこのソロキャン編がスタートするのですが、ドラマ版では10巻で描かれた庭キャンのエピソードが挟まれることに。パジャマ姿の斉藤や久々に登場したちくわ、さらにはボケ倒す斉藤父の姿に癒やされつつ、庭でのソーセージパーティーがスタート。大垣の持参したソーセージスタッファーを使った自家製ソーセージ作りは残念な結果に終わったものの、結果的には大満足な庭キャンになったのでした。

 ラストシーンでは、本屋のバイトを終えたリンが合流。「来週末、ソロキャンデビューすることにしたよ!」とうれしそうに話すなでしこに「そうなんだ……」と少し寂しそうに応えるりん。大垣と犬山のもとに走っていくなでしこを目で追いながら、「来週末、私もバイト休みなんだけどな」とつぶやくのでした。

 リン役の福原遥さんのInstagramでは「リンとしては、もちろん嬉しいことだけど、少し寂しさもあったり、心配だったり。お互いが大切に想い合っている2人の関係性が、とっても尊くて、演じていても心温まるシーンばかりでした」とリン視点でのコメントとともに、「そしてなにより、なでしこが優乃で本当に嬉しかったぁ」とリアルな友人としての思いも。

 また、なでしこ役の大原優乃さんもInstagramで「リンちゃんの表情が、とても優しくて、でも寂しさも見えて。シーズン2だから、出会えた表情だなぁと思い、演じていてとても感慨深かったです…!」と撮影時を回顧しています。映画やドラマで共演し、プライベートでもリンとなでしこのような親友同士だという二人の関係性が、演技に厚みを持たせているようです。


ドラマ「ゆるキャン△2」まとめ

ゆるキャン△スペシャル ゆるキャン△ あfろ 志摩リン 福原遥 各務原なでしこ 大原優乃 大垣千明 田辺桃子 犬山あおい 箭内夢菜 斉藤恵那 志田彩良 ↑こちらをクリック

「ゆるキャン△2」クイズ初級


ゆるキャン△スペシャル ゆるキャン△ あfろ 志摩リン 福原遥 各務原なでしこ 大原優乃 大垣千明 田辺桃子 犬山あおい 箭内夢菜 斉藤恵那 志田彩良

問題:なでしこから、ソロキャンで何をしているか聞かれたリン。なんて答えた?(答えは次のページ

A:読書
B:料理
C:散歩

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」