ニュース
» 2021年05月22日 14時44分 公開

漫画家の富永一朗さん、96歳で逝去 「お笑いマンガ道場、大好きでした」など追悼の声相次ぐ

バラエティー番組「お笑いマンガ道場」にレギュラー出演。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 漫画家の富永一朗さんが5月5日に老衰のため96歳で亡くなっていたことが分かりました。これを受けて、「お笑いマンガ道場、大好きでした」「鈴木先生とのやり取りがとても楽しく印象的でした」など、ファンから悼む声が多数寄せられています。

富永一朗 お笑いマンガ道場 漫画家 吉備川上ふれあい漫画美術館 老衰のため亡くなった富永さん(画像は吉備川上ふれあい漫画美術館 - 高梁市公式ホームページから)

 『チンコロ姐ちゃん』『一朗ミステリー』など、独特の絵柄と作風で人気を集めた富永さん。“マンガ文化による町づくり”のためにオープンした「吉備川上ふれあい漫画美術館」の名誉館長に就任し、愛媛県・西予市で行われている「全国かまぼこ板の絵展覧会」の初代審査委員長を務めるなど、漫画/イラスト文化の発展にも尽力しました。

 また、富永さんは1976年から1994年にかけて放送されたバラエティー番組「お笑いマンガ道場」(日本テレビ系)にレギュラー出演。大喜利の回答として漫画を作成する同番組では、共演者の鈴木義司さんとの間で、お互いを回答のネタにする“イジり合戦”を展開し話題を呼びました。

 ネットでは「大往生ですね、安らかに」「鈴木先生と思う存分漫画バトルしてください」など、ファンから追悼の声が寄せられています。また、手塚るみ子さんもTwitterを更新し、「父と親交が深かった先生がまた逝ってしまった」「天上の漫画集団に遅れて参加してる頃だろうか。ご冥福をお祈りいたします」と、富永さんへメッセージを送っています。

富永一朗 お笑いマンガ道場 漫画家 吉備川上ふれあい漫画美術館 富永さんが名誉館長を務めている岡山県・高梁市の「吉備川上ふれあい漫画美術館」(画像は吉備川上ふれあい漫画美術館 - 高梁市公式ホームページから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」