ニュース
» 2021年05月22日 14時44分 公開

漫画家の富永一朗さん、96歳で逝去 「お笑いマンガ道場、大好きでした」など追悼の声相次ぐ

バラエティー番組「お笑いマンガ道場」にレギュラー出演。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 漫画家の富永一朗さんが5月5日に老衰のため96歳で亡くなっていたことが分かりました。これを受けて、「お笑いマンガ道場、大好きでした」「鈴木先生とのやり取りがとても楽しく印象的でした」など、ファンから悼む声が多数寄せられています。

富永一朗 お笑いマンガ道場 漫画家 吉備川上ふれあい漫画美術館 老衰のため亡くなった富永さん(画像は吉備川上ふれあい漫画美術館 - 高梁市公式ホームページから)

 『チンコロ姐ちゃん』『一朗ミステリー』など、独特の絵柄と作風で人気を集めた富永さん。“マンガ文化による町づくり”のためにオープンした「吉備川上ふれあい漫画美術館」の名誉館長に就任し、愛媛県・西予市で行われている「全国かまぼこ板の絵展覧会」の初代審査委員長を務めるなど、漫画/イラスト文化の発展にも尽力しました。

 また、富永さんは1976年から1994年にかけて放送されたバラエティー番組「お笑いマンガ道場」(日本テレビ系)にレギュラー出演。大喜利の回答として漫画を作成する同番組では、共演者の鈴木義司さんとの間で、お互いを回答のネタにする“イジり合戦”を展開し話題を呼びました。

 ネットでは「大往生ですね、安らかに」「鈴木先生と思う存分漫画バトルしてください」など、ファンから追悼の声が寄せられています。また、手塚るみ子さんもTwitterを更新し、「父と親交が深かった先生がまた逝ってしまった」「天上の漫画集団に遅れて参加してる頃だろうか。ご冥福をお祈りいたします」と、富永さんへメッセージを送っています。

富永一朗 お笑いマンガ道場 漫画家 吉備川上ふれあい漫画美術館 富永さんが名誉館長を務めている岡山県・高梁市の「吉備川上ふれあい漫画美術館」(画像は吉備川上ふれあい漫画美術館 - 高梁市公式ホームページから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響