レビュー
» 2021年05月23日 12時00分 公開

クイズ番組の答えになることが最も少ない都道府県はどこ? 12番組を1年間調査した同人誌が趣味の塊司書みさきの同人誌レビューノート

きっかけは「数えてみたくなった」から。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 「今年は梅雨入りがうんと早くて」と天気予報の声が聞こえてきました。いつか行きたい、また訪れたいと思っている地のお天気はどんな感じでしょうか。日本列島のまだ行ったことのない土地にも思いをはせながら、今回はそれぞれの県が気になってくる同人誌を手にしました。

今回紹介する同人誌

『47都道府県の中でクイズ番組の答えになることが最も少ないのは佐賀県』A5 64P 表紙・本文モノクロ

著者:いわのふみや


同人誌 図書館 司書 明るい黄色に言いたいことがぎゅっと詰まった表紙が目を引きます

12番組を1年間継続調査。クイズになる都道府県の数は驚き? 納得? の結果

 結果から言うと、1位は36回問題になった北海道で、最も数が少ないのは10回の佐賀県でした。こちらのご本では、2018年〜2019年にテレビ放送されていた12のクイズ番組を確認し、都道府県別に結果をまとめ、問題として登場した回数が多い順に並べられています。

 1位北海道(36回)、2位神奈川県(31回)、3位静岡県(26回)、4位山形県(25回)……と続くランキング形式になっていますが、その結果は魅力ある県調査や観光地ランキングとは必ずしも一致しないようです。実際の出題は観光スポットや名物はもちろん、駅弁、農作物の生産量など多岐に及んでおり、まとめられた問題を眺めていると、この土地ならこれを見ておくといいよ! とおすすめされているような、ガイドブックを読んでいる気分になりました。

同人誌 図書館 司書 1年間クイズ番組をチェック。集計のルールも記されています

脳内のアップデートも。土地の新たな一面を見る

 ご本は番組ごとにどんな問題が出されていたかの記録が主な内容ですが、ところどころに作者さんの見解が垣間見えるのも楽しいです。「農作物の収穫量問題で迷ったらとりあえず茨城と答えておくといいかも?」と書かれたコメントに、あらためて出題をたどるとメロンやいわし、ピーマンなどが挙げられており、「そうだったんだ!」と、この調査から都道府県の新たな一面を再発見しました。

 こちらに掲載されているのは2018年〜2019年のものです。現在の生産量や出荷量などは変わっていたり、いまならば新名所や新名物が問題になっているかもしれません。そんな「あの名物は問題になっていないの?」「今ならこの野菜は他県が伸びてるはず!」と己の知識と比べながら読むのも味わい深いのではないでしょうか。

同人誌 図書館 司書 添えられた似顔絵も作者さん作!

流れゆくクイズを誌面に留めて

 クイズ研究はジャンルとして大きく、高校生や大学生のクイズ研究会さんの存在、そのOBさんたち、クイズ番組の人気を見ても裾野は広く、問題の作成や解き方を楽しんでいる人も多くいらっしゃいます。そんな中でこのご本は、普段は映画評論の活動をされている作者さんが「数えてみたくなっただけ」という実にライトな理由でスタートされたことが記されています。けれど淡々と1年間カウントし「順位がおおよそ判明したころには、途中で打ち切ろうかなあと思ったこともありました」と迷いに揺れながらも調べきって作られたとのこと。面白そうと思った解を求めていくフットワークの軽さと、継続してやり遂げるこつこつとした調査力が、実直な誌面づくりながら突き詰めすぎない“ぬけ感”となって、ご本の親しみやすさにつながっていると感じます。

 テレビ番組のクイズは一瞬で解かれ、次の瞬間には新たな問題が提示され、まるで流れるように画面から消えていきます。それをあえて誌面に留め、振り返る面白さ。それに気付くと、クイズ番組もまた一味違った楽しみ方ができるかもしれません。

同人誌 図書館 司書 自分ならどんな問題にしようかな、と考えるのも楽しそう

サークル情報

サークル名:ヤガンEX

Twitter:@yaganfree

ブログ:https://yagan.hatenablog.com/



今週の余談

 47都道府県、まだまだ行ったことのない場所があちこちあります。旅先で図書館をのぞくのも楽しみの一つなのですが、土地ごとにいろんな傾向があるんですよー。いつか訪れたいところたくさんです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  9. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  10. /nl/articles/2112/05/news043.jpg 木彫りの「溶けかけの氷」が目を疑うリアルさ 1つの木から掘り出して作った作品に驚きの声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」