ニュース
» 2021年05月26日 19時00分 公開

“メゾピアノの香水”が17年ぶりに帰ってきた! 「エモい」「懐かしすぎてもだえる」と話題の復刻経緯をブランドに聞いた

あの頃の女児の心がときめく。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 約17年前、かわいいピンクのボトルとフルーツの香りで当時の女子小学生の心をわし掴みにしたある香水がありました。

 その名は、「メゾピアノ オードトワレ フルーツポンチ」。2021年、満を持して復刻版が制作されたこの香水と、当時のファンへの思いを、小学校高学年向けブランド「mezzo piano junior(メゾピアノ ジュニア) 」を展開するナルミヤ・インターナショナルに聞きました。

メゾピアノ 香水 復刻される「メゾピアノ オードトワレ フルーツポンチ」(6600円)

17年ぶりに「メゾピアノ」の香水が復刻

 ナルミヤ・インターナショナルは、「mezzo piano(メゾピアノ)」「pom ponette(ポンポネット)」などのブランドを展開する子ども服メーカー。「メゾピアノ オードトワレ フルーツポンチ」が発売された2004年当時は、「ANGEL BLUE(エンジェルブルー)」「DAISY LOVERS(デイジーラヴァーズ)」などのジュニアブランドのアパレルとキャラクターが人気を集めていました。

 今回復刻される「メゾピアノ オードトワレ フルーツポンチ」は、バンダイがライセンス事業として展開していた子ども向け化粧品ブランド「コスメティックパーラー」の製品。「mezzo piano junior」のガーリーなテイストを詰め込んだ、ピンクのハートのボトルに入ったフルーツの香りの香水です。

メゾピアノ 香水 当時の「コスメティックパーラー」の店頭
メゾピアノ 香水 復刻版の香水には記念のハート型オリジナルチャームが付いています

Twitter漫画をきっかけに再び話題に

 初代「メゾピアノ オードトワレ フルーツポンチ」は、価格が5000円ほどと小学生向けの商品としては高額だったものの、少女漫画雑誌『ちゃお』(小学館)の2004年4月号に香り付きの広告が掲載されたことで、読者を中心に広く認知されることとなります。

 2020年11月には、この香水のエピソードを描いたエンドレスバブ(@endlessbabu1)さん作の漫画「メゾピアノの香水のおもいで」がTwitter上で話題になり、「私もちゃおで嗅いだあのメゾピアノの香水の匂いが忘れられません」「この香り本当に懐かしいです」と大きな反響が集まりました。

大人向けのアイテムのきっかけは「新入社員のプレゼン」

 現在、ナルミヤ・インターナショナルでは、過去にコスメや文房具などでも人気を集めたメゾピアノのキャラクター・ベリエちゃんにフォーカスした「大人になったベリエファン」シリーズのアイテムを発売するなど、かつて子ども服でナルミヤブランドに親しんだ世代の大人向けアイテムを展開しています。

 香水の復刻プロジェクトを手がけた、ナルミヤ・インターナショナルの漆畑さんによると、大人向けキャラクターアイテムの展開は、2020年の「mezzo piano junior」ブランド立ち上げ20周年に加え、「エモい」という言葉がトレンドとなり、90年代や00年代のリバイバルブームが起きたことがきっかけだったとのこと。

 「昨今の子供服、特に小学高学年をターゲットとしたジュニアブランドは、大人のデザインに近くなっていることや、無地がトレンドなこともあり、キャラクターを全面に出したものはなくなっています。

 一方で、毎年1回行われる新入社員研修の新入社員によるプレゼンでは、必ずと言っていいほどベリエちゃんが登場していました。それがとても印象的で、今の洋服にはいないけれど、キャラクターはナルミヤの象徴なのだと強く感じるようになりました。

 キャラは財産、しっかりと守っていこう。そう思ったことも今回の企画のきっかけになっています」

メゾピアノ 香水 メゾピアノのメインキャラクター・ベリエちゃん

ファンを大切にした「エモい」デザイン

 さまざまなきっかけが重なってスタートした大人向けのプロジェクト。スタート時に掲げられたのは「親から子へ そしてその先へ」という言葉でした。復刻に際しては、いたずらに今風にアレンジするのではなく、当時のグラフィックをそのまま使用するなど、ファンを大切にしたデザインを心がけてきたといいます。

 大人向けアイテムは特にTwitterを中心に広がっており、ナルミヤ・インターナショナルにはファンからの声も届いているとのこと。

 「香水の復刻にあたり、2021年3月に大人になったベリエファンプロジェクトのTwitterアカウント(@berriefan)を開設しましたが、2日で1万フォロワーを突破、現段階で2.2万フォロワーになっており、反響の多さを感じています。

 また、ベリエちゃんのTシャツに関しては、きゃりーぱみゅぱみゅさんがSNSで写真をアップしたことで注目が集まりました。完売アイテムについてもいまだお問い合わせがある状況です」

 「懐かしい」「エモい」といったトピックは、同世代間のゆるやかな繋がりがあるSNSと相性が良いもの。「大人になったベリエファン」シリーズは、まだ“レトロ”とまではいかないものの、コアターゲットの27歳から30歳の世代の子ども時代を思い出させる展開で、Twitter上の多くの人の心を射止めたのではないでしょうか。

 復刻版「メゾピアノ オードトワレ フルーツポンチ」(6600円)は、5月30日23時までプレミアムバンダイで予約を受付中。「大人になったベリエファン」シリーズのアイテムは、6月にTシャツやスマートフォンリングなどの新作を販売予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」