ニュース
» 2021年05月28日 12時30分 公開

「暴力と搾取」「法律の罪深さ」描く問題作、『闇金ウシジマくん』作者の新作『九条の大罪』にみる共通点と主人公像(1/2 ページ)

【抽選で1人に直筆色紙プレゼント】詳しくは記事末部をご確認ください。

[Kikka,ねとらぼ]

 半グレ、ヤクザ、前科持ち――厄介な依頼人の案件ばかりを引き受ける弁護士・九条間人(くじょうたいざ)を主人公に、法とモラルの極限ドラマを描く漫画『九条の大罪。『闇金ウシジマくん』の作者・真鍋昌平さんが手掛ける新作で、5月28日に第2集が発売されました。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 『九条の大罪』第2集(C)真鍋昌平/小学館

 「優れた弁護士とは何か」「法律の罪深さ」などを主軸に、これまでタブー視されてきたテーマにもストレートに切り込んでいく同作はなぜここまで人の心をえぐり、読む者の心を動かすのか。ウシジマくんに匹敵する、あるいはそれ以上のポテンシャルを感じさせる九条の主人公像から作品の魅力に迫ります。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 異端の弁護士を描く話題作『九条の大罪』(C)真鍋昌平/小学館

九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 九条の考える弁護士の使命(C)真鍋昌平/小学館

ウシジマくんと九条先生

 10日で5割(通称:トゴ)の超暴利闇金「カウカウファイナンス」を中心にカネをめぐるヒューマンドラマや社会の闇が描かれた『闇金ウシジマくん』では、主人公・丑嶋馨(うしじまかおる)の名前が、『九条の大罪』でも主人公の弁護士・九条間人(くじょうたいざ)の名前がタイトルに登場している両作品。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 『九条の大罪』第1集(C)真鍋昌平/小学館

 『闇金ウシジマくん』では、主人公・丑嶋が底知れない闇をのぞかせる一方で、どん底から這い上がろうともがく者には手を差し伸べる姿も描かれるなど、ダークヒーローとしてのカリスマ性や丑嶋の生きざまが注目を集めました。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 『闇金ウシジマくん』主人公・丑嶋馨(C)真鍋昌平/小学館

九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 丑嶋の友人・戌亥によるウシジマの印象(C)真鍋昌平/小学館

九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 底知れなさは丑嶋のライバルたちを脅かした(C)真鍋昌平/小学館

 一方、『九条の大罪』では、「依頼人を貴賤や善悪で選別しない」弁護士・九条が、倫理・正義といったきれいごとだけでは解決できない問題に立ち向かう姿が描かれています。第1集・第1審では飲酒運転でひき逃げ事故を起こした半グレの弁護を引き受けた際に、「被害者は死んでたほうがいい」「スマホは証拠の宝庫だ。ここに置いてけ」と言い放つなどヒリつく展開が続く中、九条本人の感性や哲学が感じられるセリフや描写が随所にちりばめられており、丑嶋とは一味違う九条のダークヒーロー的な魅力を感じることができます。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 加害者目線で見れば「被害者は死んでたほうがいい」と話す九条(C)真鍋昌平/小学館

 丑嶋、九条、両主人公を比較してみると、ある種フラットに物事を俯瞰で見ていたり、筋を通すことを美学としていたりと、思想面でのいくつかの共通点が見られます。加えて、丑嶋は亡き母から受け継いだウサギの「うーたん」の子孫を驚くほどていねいに飼育して可愛がっていたり、九条は成り行きから預かることになったドーベルマンの「ブラックサンダー」を可愛がっていたりと動物を心のよりどころとしている点等もある種の共通点と言えます。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 丑嶋によるホームレスへの取り立て(C)真鍋昌平/小学館

九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 たとえ1000円でも金額にかかわらずきっちり取り立てるのが丑嶋のルール(C)真鍋昌平/小学館

 中でも個人的に注目しているのは、2人のバックグラウンドで、愛人の子として極貧家庭に生まれ、恵まれない子ども時代を過ごした丑嶋と、弁護士の父、検事の兄と法曹一家で育った九条は、一見まったく異なる背景を持っているかのようですが、家族から“厄介者扱い”をされてきたという点は作品において大きなポイントになっているように感じます。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 検事の兄からも厄介者扱いの九条(C)真鍋昌平/小学館

思わず目をそむけたくなるほどにリアル

 『闇金ウシジマくん』『九条の大罪』は、それぞれ緊張感のあるテーマを扱っていることから、「リラックスしながら読むべき作品ではない」という感想を持つ人も少なくないようです。特に『闇金ウシジマくん』では、社会の暗部を克明に描いたことから「現実はそこまで厳しくないのではないか」と思ってしまうほどです。しかし、読み進めるうちに、実際にはそのような境遇にいる人も存在するのだろう、と感じさせてしまうのが真鍋作品のすごみ。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 九条の考える弁護士の仕事(C)真鍋昌平/小学館

 例えば両作品の共通のテーマとなっている「弱者と暴力」「格差と搾取」は、『九条の大罪』でも描かれています。

 第2審の依頼人は軽度の知的障害を抱える青年、曽我部聡太は、元ヤクザの息子で後輩の金本卓にいいように利用され、大麻の運び屋をしていたところを逮捕されてしまいます。


九条の大罪 闇金ウシジマくん 真鍋昌平 第2審に登場する曽我部は軽度の知的障害を抱える青年(C)真鍋昌平/小学館

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」