ニュース
» 2021年05月28日 23時00分 公開

西川アニキ、三度目の正直なるか!? 「ガンダムSEED」劇場版に待望の続報で期待がイグナイテッド

テレビシリーズの続編。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 「機動戦士ガンダム SEED」シリーズの新プロジェクト「GUNDAM SEED PROJECT ignited」の始動が5月28日に発表。待望の劇場版最新情報にTwitterでは「SEED」「DESTINY」など関連ワードがトレンド入りし、お祭り騒ぎに。シリーズに縁の深いT.M.Revolutionこと西川貴教さんの動向も注目されています。

GUNDAM SEED PROJECT ignited ガンダム DESTINY 福田己津央 両澤千晶 T.M.Revolution 西川貴教 「GUNDAM SEED PROJECT ignited」 (C)創通・サンライズ

 2002年の「機動戦士ガンダムSEED」、2004年の続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」と2作のテレビ放送作品から続くシリーズは高い人気を獲得。その後も外伝によるオリジナルビデオアニメや漫画、小説、ゲーム、商品と幅広く展開が続き、劇場版の制作は2006年に発表されていました。しかしテレビシリーズで脚本を担当していた両澤千晶さんが闘病の末、2016年に死去したこともあり、長らく続報がない状態に。今回の発表では、劇場版はテレビシリーズの続編となること、引き続き福田己津央監督が指揮をとることが明かされていて、公開時期など詳細については未発表です。

 テレビシリーズの主題歌を担当し、声優として出演するなどかかわりの深い西川さんは「遂に!」とTwitterで反応。「遂に動き出しました!」と号泣する顔文字で興奮を伝えました。なおサブタイトルの「ignited」はT.M.Revolutionが担当した主題歌のタイトルと共通し、ファンからは「SEEDはアニキの歌以外認めない!!」「テーマソングも何卒宜しくお願いします」と早くも期待が寄せられています。

GUNDAM SEED PROJECT ignited ガンダム DESTINY 福田己津央 両澤千晶 T.M.Revolution 西川貴教 シリーズに縁の深い西川貴教さん (C)創通・サンライズ

 また西川さんのもとへは主題歌だけでなく、声優としての出演を期待する声も殺到。ただし過去2作ではいずれも壮絶な最期を遂げるキャラを演じていたため「これだけは今のうちに絶対当たると思って予言しておくけど、劇場版SEEDは西川兄貴が出演してまた死にます」という見方が強め。「最低でも新型ガンダムは強奪されるしアスランは脱走するしニコルは回想されるし西川兄貴は叩き斬られると思う」と不穏な予想が相次ぎました。三度目の正直ということも……。

 さらに主人公のキラを差し置いて、石田彰さんが演じた「アスラン」の名前がトレンド入りましたが、何かと悩んでは揺れてが多いキャラだったことを上げ「また劇場版で寝返りをしたら笑う」「もう散々言われているけどアスランが裏切るのは間違いなさそう」と散々な言い様。愛情の裏返しと解釈され「アスランの動向で賑わってるな」「みんなアスラン好きなんだね」と温かく見守られています。

GUNDAM SEED PROJECT ignited ガンダム DESTINY 福田己津央 両澤千晶 T.M.Revolution 西川貴教 実物大フリーダムガンダム立像 (C)創通・サンライズ

 なおプロジェクトは劇場作品の制作を中心として、その他に世界中でさまざまな関連施策が発表。中国・ららぽーと上海金橋店では「実物大フリーダムガンダム立像」が設置された他、シリーズの新作ゲーム開発、公式外伝となるガンダム SEED MSV「機動戦士ガンダム SEED ECLIPSE」のコミック連載とガンプラの展開が予定されています。

GUNDAM SEED PROJECT ignited ガンダム DESTINY 福田己津央 両澤千晶 T.M.Revolution 西川貴教 GUNDAM SEED ECLIPSEキービジュアル (C)創通・サンライズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」