ニュース
» 2021年05月31日 20時00分 公開

JRにはないが「阪急」や「東急」にはある前面のちっちゃなライト、これは何? 知っておくと便利(?)な「標識灯」のお話

ヘッドライトにしては暗くて小さいようですが……。

[新田浩之,ねとらぼ]

 都市部の私鉄に乗ると、ふと小さな前照灯が光っているのを見かけます。それがない路線もあります。ヘッドライトにしては暗くて小さいようですが……。実はこんなところにも「へぇ」な秘密があります。

photo 阪急電車「すみっコぐらし号」特急大阪梅田行き(標識灯点灯あり)

 京阪神を結ぶ阪急電車を見てみましょう。「すみっコぐらし号」の前面、顔に例えるとほっぺたあたり、「1016」と「すみっコぐらし号」とある文字の下に2つ小さくライトが点灯しています。

 前をガッと照らすヘッドライトはおでこあたりにあります。このように周囲を照らすためのライトにしては光量が足りない気がします。

 一方、普通大阪梅田行きの電車はどうでしょう。同じ場所にライトはあります。しかし点灯はしていません。運転士の気まぐれで、付けたり消したりしているのでしょうか。まさかそんなはずはありません。

photo 六甲駅を出発する普通大阪梅田行き(標識灯点灯なし)

 このライトは「標識灯」、あるいは「通過標識灯」「急行灯」などと言われます。

 阪急電鉄では、特急系(快速特急や快速急行)は「2標識灯」、急行系(準急、快速)は「1標識灯」、普通は「点灯なし」として列車種別を分けています。地上係員がこれを見分けて列車種別を確認するためにあります。

 ちなみに近鉄ではさらに細かく、急行と区間急行は「正面に向かって右側の標識灯」を、準急と区間準急は「左側の標識灯を点灯」させます。鉄道事業者別に意外とバラバラです。

photo 近鉄の電車。急行なので正面に向かって「右側の標識灯」だけ点灯

 筆者は8年前まで阪急電鉄でアルバイト(押し屋:朝夕のラッシュ時に、列車の扉に挟まりかかった乗客や荷物を車内へ押し込む係員)をやっていました。来た列車が何か、パッと見で種別を判別できるのですから、このときは本当に助かりました。

「標識灯」は鉄道誕生間もなく登場、長い歴史アリ

 標識灯は鉄道ができたばかりの英国で、ダイヤが乱れた際、係員が容易に列車種別を判別できるように設置した白色標識がはじまりといわれています。長きにわたり鉄道作業員をサポートしてきた大切な機能です。

 関東大手私鉄にも、京急、京王、京成に標識灯があります。

photo 特急として新宿に入線してきた京王電車。標識灯は上部にある

 なお、標識灯は法規で義務付けられているものではないので、設置していない鉄道会社もあります。むしろそれほど多くはありません。JRはほとんど採用していません。

photo JRは標識灯をごく一部を除き採用していない

 もっとも、乗客としてこれからやってくる列車の種別を知りたいならば、列車が来るのを待たずとも時刻表やホームの発車票を見ればすぐ分かります(笑)。

 また、「見たい」からと言って、白線、ホームからはみ出して覗くのは極めて危険です。くれぐれも電車が止まっているとき、正面から見られるターミナル駅など、安全を十分に確認した上で探してみてくださいね。

新田浩之(にったひろし)

1987年神戸市生まれ。関西大学文学部卒、神戸大学大学院国際文化学研究科修了。主に鉄道と中欧、東欧、ロシアの旅行に関する記事を執筆。2018年からチェコ政府観光局公認の「チェコ親善アンバサダー2018」を務める




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」