ニュース
» 2021年05月31日 20時15分 公開

「鼻が無くならなくて良かった」 がん手術3回の仁科亜季子、7年ぶり再発の疑い晴れて安堵(1/2 ページ)

23年間に子宮頸がん、胃がん、大腸がんを患ってきました。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 俳優の仁科亜季子さんが5月29日にInstagramを更新。皮膚がんの恐れがあると指摘され、患部の治療を受けたことを明かしています。

仁科亜季子 皮膚がん 子宮頸がん 胃がん 大腸がん GIST レーザー治療後の仁科さん(画像は仁科亜季子Instagramから)

 仁科さんは1991年に子宮頸がんと診断され、子宮や卵巣などを摘出。1999年に胃がん、2008年にGIST(消化管間質腫瘍)、2014年には大腸がんを発症してきました。数度の手術と入院生活を繰り返した結果、2018年4月に65歳バースデーを迎えた際には「3回も開腹手術を繰り返している私は、オマケの人生だから、まぁ、いつ死んでも、、、なんて思っていました」と生死を達観した上での本音を吐露しています。

仁科亜季子 皮膚がん 子宮頸がん 胃がん 大腸がん GIST 大腸がん手術前に撮影したピースサイン姿(画像は仁科亜季子オフィシャルブログから)

 3回目のがん手術から約7年ほどがたった頃、主治医から「形状が皮膚がんに似ている」と指摘されたことから、鼻の上部にできた皮疹の組織検査を10日ほど前に実施。結果は皮膚がんではなく、遺伝子上の問題からくる「汗孔角化症」だったといい、すでに医療用レーザーで治療したとのことです。たび重なる病魔の襲来に「子宮癌から始まり 多々 病気に愛される身体のようです、、笑笑」と、心中のやりきれない思いをつづっていました。

 なお、皮膚がんではなかった安心感から、息子でタレントの仁科克基さんに「鼻が無くならなくて良かった」と漏らしたところ、「馬鹿じゃないの、、」と呆れられてしまい、「トホホ、、」とうなだれていました。……大事にならず、本当によかった。

仁科亜季子 皮膚がん 子宮頸がん 胃がん 大腸がん GIST “王子”こと孫を溺愛する姿も(画像は仁科亜季子Instagramから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10