とにかく俳優の良い芝居が見たい―― 佐藤二朗が語る、映画監督をする理由と第2作「はるヲうるひと」を経て強固になった思い(2/2 ページ)

» 2021年06月04日 18時00分 公開
[岩本新之助, 宮澤諒ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

“佐藤二朗にしか撮れない表現”を目指して

佐藤二朗 山田孝之 仲里依紗 はるヲうるひと 映画 佐藤二朗さん。舞台では、映画で山田孝之さんが演じる得太を演じていました

―― 舞台から映画に落とし込む際に苦労したことや、逆に映画だからこそできたことはありますか?

佐藤 舞台は先ほど申し上げたように、女郎部屋という1つの場所でやっていたんですけど、映画ではいろんなところに場面が移るわけで、そういうところから生まれたシーンもあります。

 ただまあ、僕は自分のやりたい、自分だからこの表現になるというものが本当に世の中にあるかどうかも分からないし、「あります」と断言するのは非常におこがましいんだけど、でも僕だからこの表現になるというものが存在すると信じられているうちは、今後も監督を続けようと思っています。その僕の表現に到達するためにはやっぱり脚本を自分で書いて、監督もして、出演もしなきゃというふうに今は思っているんだけど、2作目の「はるヲうるひと」を撮ったことで、その思いは強くなっていて、3作目もそうしたいというふうに考えています。

 今、3作目も実はちょっと打ち合わせをしているんです。詳しくはまだ言えないんだけど。だから僕がやりたい表現というものをやるには脚本を書いて、監督をして、出演まで全部トータルで世の中に佐藤二朗がやりたい表現はこれですというか、僕だからこの表現ができると思うというものを提示したんだけど、ごめん、全く質問を忘れちゃった。どんな質問だっけ?

―― 映画化で苦労したことや、映画だからこそ表現できたことなどを……。

佐藤 そうそうそう。ごめんごめん、思い出した、ありがとう。

 要は、今言った脚本も書いて、監督もして、出演もして、僕のやりたい表現はこれですというのを提示することは頭にあれど、舞台だからとか、映画だからというのは実はあんまり考えていないです。もちろん媒体が違うというのはあるけど、僕は自分がやりたい表現をやっていくだけです。

―― 江陵国際映画祭、ワルシャワ国際映画祭にも選出されましたが、海外の反響はいかがでしたか?

佐藤 韓国の江陵国際映画祭は、コロナ禍だったので全員ビデオレターだったんですよ。だから直で向こうの声を聞くこともなかった。

 ワルシャワは行きましたね。行って、僕が驚いたのは「はるヲうるひと」は基本的にはコメディーではないんですけど、ただまあちょっと笑いをちりばめているんです。海を越えたら、笑いこそが一番感覚が違ってくると思っていて、ワルシャワではシーンとするんだろうなと思っていたら本当にビックリして。

 満員のお客さんでしたけど、本当に僕が書いているとき、あるいは監督しているときに、ここは日本のお客さんだったら笑ってくださるかな、笑わなくてもクスッとなるかなと思う、まさにそういうシーンに全てワルシャワの方たちも笑っていたんですよ。だから笑いは海を越えるかと思って、ちょっとビックリしましたね。

監督としての成長、そして気になる次回作について

―― 2作目となった今作で、監督として成長を感じた部分はありますか?

佐藤 短い時間で語り尽くせるかな。「memo」のときもすごく良いチームで、「はるヲうるひと」以上に短い期間で撮ったんですけど、「佐藤監督は初監督だから、絵コンテ通りに撮ってあげよう」というのがチームで一致団結していたんです。でも実はそこが一番の反省点でした。要は僕が描いた絵コンテ通りの作品になってしまって、現場で何か新しいものが生まれなかったんです。

 今回は、スタッフも現場のプロデューサーに調整を任せて、ほとんど初めましてなスタッフたちで撮影しました。売春宿ということで、色味などにとてもこだわっていて、これまでも一緒に仕事をしたことのあるカメラマンの神田さんから「今回はどうしても画質をこだわりたいんだ」と相談されて、照明部と話し合いをしたこともありました。

 僕は、脚本にはそれなりの作家性があると思っているんだけど、監督としては、そこまでの作家性はまだないというふうに思っています。なので、もちろん取捨選択するのは僕だけれども、いろんなスタッフの意見を聞けたのは良かったなと思います。

佐藤二朗 山田孝之 仲里依紗 はるヲうるひと 映画

―― 先ほど次回作の話も出ましたが、どういうことに挑戦していきたいですか?

佐藤 まだ詳しくは言えませんが、「memo」や「はるヲうるひと」は間口がそんなに広くないといいますか、要は、家族で見られるような作品ではないわけです。「はるヲうるひと」はR-15ですしね。家族で見て幸せになれる映画が撮りたくて撮っているわけだけれども、実は3作目はちょっと間口が広い映画になりそうです。

 だけど僕、Wikipediaに俳優、脚本家、ここまではギリ許せても、映画監督となっているんですね。俳優、脚本家、映画監督になっている。映画監督と入れるのがもう、入っているのが嫌でしょうがないというか、恥ずかしくてしょうがなかったんです。でも「はるヲうるひと」をきっかけに、やっぱり監督を続けたいと本当に思うようになりました。多分、共同脚本になると思うんですけど、やる以上は、そういう間口の広い作品でも自分の色をそこに出していこうと今は思っています。

スタイリング:鬼塚美代子(アンジュ)

ヘアメイク:今野亜季(エイエムラボ)



プレゼントキャンペーン

ねとらぼエンタの公式YouTubeをチャンネル登録&公式Twitterをフォローし、プレゼント企画を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で1名に、佐藤さんのサイン入りチェキが当たるプレゼントキャンペーンを実施中。

佐藤二朗 山田孝之 仲里依紗 はるヲうるひと 映画

Twitterキャンペーン応募方法

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)ねとらぼエンタのYouTubeをチャンネル登録

(3)告知ツイートをRTで応募完了

注意事項

  • 締切期限は6月11日正午
  • 当選者には編集部よりDMにてご連絡いたします。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください


(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会
配給:AMGエンタテインメント

関連キーワード

映画 | 俳優 | 山田孝之 | 仲里依紗 | 向井理


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」