ニュース
» 2021年06月09日 21時00分 公開

ひつじ?犬? 換毛期の山陰柴犬、期間限定のかわいさに「着ぐるみみたい」「合成写真?」と驚きの声

独特のかわいさ。

[かのん,ねとらぼ]

 換毛期の時期だけしか見ることが出来ない「羊の着ぐるみをかぶったようなワンコ」の姿が、Twitterに投稿されています。

 え……? 羊? 犬? そう迷ってしまいそうな姿で写真に納まっているのは、れっきとした“犬”。「山陰柴犬」という犬種で、これは絶賛換毛期中の1枚です。

 山陰柴犬の換毛期は5〜6月。この“体はモコモコ、顔はスッキリ”の羊のような姿は、冬毛が抜けきらないこの時期にしか見られない貴重なもの。

 多くの山陰柴犬が、換毛期はこのような羊ワンコスタイルになるそうなのですが、ここまでハッキリと羊に似るケースは珍しいそうです。

犬 顔だけ柴犬、体は羊?
犬 お顔がハートでかわいい

 顔周りのスッキリさと、体のモッコモコさのコントラストはインパクト大! そして何とも不思議かつ、かわいらしい雰囲気をまとっていますね。お顔周りがハートなのがまたあいらしさを増しています。

 この写真をTwitterで紹介したのは、鳥取在住のプロカメラマン豊哲也(@tetsuya_yutaka)さん。写真の羊ワンコは「山陰柴犬育成会」の会員さんのおうちのワンコですが、豊さん自身も山陰柴犬の「小春」ちゃんを育てています。

犬 久々の再開に激しく遊ぶ2匹

 豊さんのTwitter(@tetsuya_yutaka)には、小春ちゃんとその子どもの小松君と雫ちゃん、楓ちゃんと柚子ちゃん、猫のやまと君の写真や動画が数多く投稿されています。

 山陰柴犬は全国に約500匹しかいない希少な種類。なので豊さんは子どもたちをそれぞれ新しいおうちに送り出し、そこでまた家族が増えるといいなと願っているそうです。

 豊さんは5月31日に写真絵本『生まれたよ!山陰柴犬』をクラウドファンディングを経て発売。以前話題となった「顔をくっつけて走る小松君と雫ちゃん」の写真が表紙となっています。

 また、小松君と雫ちゃんの写真はジクソーパズルにもなっていて、2種類(ほほをよせてひなたぼっこ犬)販売中です。

画像提供:豊哲也(@tetsuya_yutaka)さん

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10