ニュース
» 2021年08月06日 11時30分 公開

先生「誰かにいじめられたのなら正直に言ってね」 小学生のころ、“体育館の緑色のネット”で遊ぼうとしたら斜め上の事態になった(1/2 ページ)

先生、優しいなあ……。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は「小学2年生のとき、“ある遊び”が原因で先生にいじめを疑われた」というお話。

「これを身体に巻き付けて、脱出できるまでの時間を競争しよう!」



 学校の体育館にある、コートとコートを仕切る緑色のネット(防球ネット)。小学2年生のとき「これを身体に巻き付けて、脱出できるまでの時間を競争しよう!」という遊びを思いつきました。

―― 楽しそうですねそれ。

 「まずは俺からな!」とぐるぐる回転していたら、手足が絡まって動けなくなりました。また、ネットの下の部分を足で踏んでいる状態だったので、下からスポッと抜け出すこともできません。

 面白い遊びをひらめいたつもりが、ゲームとして成立する前に終わりました。

―― 脱出できないと授業にも出られませんが……どうしたんです?

 ちょうど体育の授業後の休み時間だったのでその場には担任の先生がいて、さらに教頭先生などもやってきて、大人3人と僕でネットをほどいていきました(といっても僕にできることはなく、時々、先生に言われるがままに手足を動かすだけ)。

 休み時間が終わってクラスメイトたちが教室に戻っていくと、今度は上級生のお兄さん、お姉さんが体育館に入ってきて指をさされたり、くすくす笑われたり。とても恥ずかしかった覚えがあります。

 結局、ネットから抜け出せたのは、その授業が終わりかけたころ。先生はネットをほどきながら、泣きそうな表情で「誰かにいじめられたのなら正直に言ってね」と何度も語り掛けてくれたのですが、100%自分のせい。申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

―― 生徒思いの良い先生ですねえ……。

 あと、教室に戻ったらクラスの友達から「お前のおかげで1時間自習になった」と感謝されました。

―― おそろしいほどに素直な生徒ですねえ……。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」