ニュース
» 2021年06月10日 20時48分 公開

卵を使わずにスクランブルエッグを再現、キユーピーから卵アレルギーに寄り添う「HOBOTAMA(ほぼたま)」

今後、飲食店や給食などに登場するかも?

[宮原れい,ねとらぼ]

 キユーピーは、卵を使用せずにスクランブルエッグのような見た目と食感を再現した新商品「HOBOTAMA(ほぼたま)」を業務用市場に向けて6月30日に発売します。

HOBOTAMA ほぼたま キユーピー 植物由来 スクランブルエッグ風 業務用 HOBOTAMA(ほぼたま)

 アレルギーなど、さまざまな理由で卵を食べられない人にも寄り添う商品として開発。豆乳加工品をベースに、シェフが丁寧に手作りしたような半熟感を再現し、パンや野菜との相性がよく、幅広いメニューに使えるとのこと。賞味期間は冷凍で1年。

HOBOTAMA ほぼたま キユーピー 植物由来 スクランブルエッグ風 業務用 HOBOTAMAの使用例

 同社は、日本で最も卵を多く扱い、卵に精通したメーカーとして、今後も卵代替食品を中心にプラントベース(植物由来)フードのラインアップを拡充し、ユーザーにさまざまな選択肢を提供する取り組みを広げていくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10