ニュース
» 2021年06月11日 11時30分 公開

「やっとギターが握れます」 布袋寅泰、親指付け根の腫瘤を手術 5カ月間をともに過ごし「名残惜しいような気も」

見た目的に痛そうな……。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 ミュージシャンの布袋寅泰さんが6月10日にInstagramを更新。手のひらにできていたガングリオン(腫瘤)を手術したと明かしています。

布袋寅泰 手術 腫瘤 ガングリオン ガングリオンのできた手(画像は布袋寅泰Instagramから)

 ガングリオンは手首の甲側や指の付け根に多く見られ、ゼリー状の物質が詰まって形成。部位によっては神経が圧迫され、しびれや痛みの原因となるケースも見られるとのことです。

 1月にイギリスから一時帰国し、活動40周年記念の武道館ライブを実施した布袋さん。2日間にわたった公演直後から左親指付け根を患っており、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大防止のロックダウンやワクチン接種といった、日本とは異なる事情の発生で治療できなかったと告白しています。

 Instagram投稿直前に手術をようやく済ませたといい、親指の根元部分をテーピングした写真を投稿。腫瘤が発生してからは演奏に差し障りもあったようで、「これでやっとギターが握れます」と一安心したような様子を見せた他、「さよならガングリオン。5ヶ月間、身体の一部だったと思うと名残惜しいような気もしたり」と自身を悩ませた存在に一転して愛着も寄せていました。

布袋寅泰 手術 腫瘤 ガングリオン 治療後の様子(画像は布袋寅泰Instagramから)

 「これから10年先までプレイできるよう、自分の身体を労わらなきゃね」と、今後の音楽活動にやる気満々な布袋さん。ファンからはお見舞いの言葉に加え、「10年と言わず生涯現役を希望しても良いですか?」「これからもずっとギターきかせてください!」と要望する声も見られました。

布袋寅泰 手術 腫瘤 ガングリオン 武道館ライブ時の1枚(画像は布袋寅泰Instagramから)

関連キーワード

Instagram | 治療 | アーティスト | 音楽


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10