ニュース
» 2021年06月19日 12時30分 公開

チョコに銀を加えた“抗菌チョコレートの包丁”が完成 「過去一で手順が理解できない」と話題に圧倒的不審者の工房(1/2 ページ)

(※)このチョコレートは食べられません。

[Kikka,ねとらぼ]

 ダンボール、豆腐、カニの甲羅など、思いもよらないものから包丁を作り出すことで人気のYouTuber・圧倒的不審者の極み!さんが、うっかり地面に落としたチョコレートを使って包丁を作りました。動画のタイトルは「除菌抗菌滅菌殺菌チョコレート包丁。食べたら歯が抜けまーす」で、記事執筆現在175万回以上の再生数を記録しています。

除菌抗菌滅菌殺菌チョコレート包丁。食べたら歯が抜けまーす

 パンデミックによってエタノールを持ち歩く男はある日、公園でチョコレートを落としてしまいます。この出来事から男はチョコレートに抗菌機能を加えることを思い付き、カカオ豆、グラインダー、リード線、銀、発電機といったものを準備し始めます。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife 用意された銀粘土

圧倒的不審者の極み 包丁 knife 今回大活躍する発電機

圧倒的不審者の極み 包丁 knife いつもの牛さんももちろん登場

 まずは銀粘土を使って純度99.9%の銀の棒を作り上げた男。水道水から徹底的に不純物を取り除いた自作の蒸留水に銀を投入し、通電することで純銀を作っていきます。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife 熱される銀粘土

圧倒的不審者の極み 包丁 knife でき上った99.9%の銀

 続いて、イオン交換樹脂を使って、蒸留水と銀を使ってAg+水を作ってからUVライトにあてると、水は薄く色づきます。その水をおなじみのフライパンで煮詰めていくとさらに銀を抽出できました。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife 手作りの装置で蒸留水を作り上げる

圧倒的不審者の極み 包丁 knife イオン交換樹脂

圧倒的不審者の極み 包丁 knife 銀の抽出に成功

 そこから寒天に蒸留水を加えて固めたものに、再び銀を差し込み、通電を繰り返すとAg+が寒天の中に閉じ込められていきます。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife 寒天の中に閉じ込められたAg+

 男はこれと並行して、寒天ゼリーに靴の裏、キーボードなどから採取した菌を培養。コンソメ、寒天、砂糖を混ぜたものもシャーレに入れ、そこへ前述のAg+を加えます。そこにいろいろな場所から採取し培養した菌を塗り付けてさらに1カ月培養すると、Ag+が加えられている方は大きな変化がなかったものの、ただの寒天コンソメ砂糖水の方にはカビがびっしりと生えていました。つまり、銀には一定の抗菌力がある、ということが分かった形です。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife あらゆるところから採取した菌をぬりつける(左:普通のコンソメ砂糖寒天、右:Ag+で抗菌されたコンソメ砂糖寒天)

圧倒的不審者の極み 包丁 knife カビが生えたのは抗菌されていない方のみ(左:普通のコンソメ砂糖寒天、右:Ag+で抗菌されたコンソメ砂糖寒天)

 続いて男はカカオ豆を焙煎してから何度もグラインダーにかけてカカオペーストを作りました。これをおなじみ(?)の人形型遠心分離機にかけてから、Ag+寒天を加えてじわじわと加熱します。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife 例の人形型遠心分離機

 すると、缶コーヒーをへこませるほどの硬度を誇る何かができました。この茶色い何かをベースにガリガリゴシゴシとやすりで削っていけば見事な包丁が完成です。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife でき上ったベース

圧倒的不審者の極み 包丁 knife とんでもない硬度

圧倒的不審者の極み 包丁 knife じっくりと加工

圧倒的不審者の極み 包丁 knife やすりがけも丁寧に

圧倒的不審者の極み 包丁 knife 抗菌チョコレート包丁、完成

 もちろんおなじみのキュウリもスパスパ切れるほどの切れ味なのですが、男の真骨頂はここから。チョコレートで作られた包丁ということもあり、かじりつくのです。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife Ag+まみれの仕上がり

 当然のごとくころ〜ん、と転がる男の歯。あまりにも硬かったことから、男が抗菌チョコレート包丁をゆでてお皿に盛りつけるところで動画は終わっています。


圧倒的不審者の極み 包丁 knife ころ〜ん、と転がる男の歯

圧倒的不審者の極み 包丁 knife 茹で上がった包丁を男は食べるのか……

 圧倒的不審者の極み!さんは今回の動画について、「銀は抗菌作用が強いが毒性が非常に少ないことから、昔から食器の製造等に使われています。近年殺菌の需要が高まったため、銀イオンを含む製品などが多く販売されているが、その効果はわかりにくいので培地を使って観察することにしました」とコメント。

 なお「※これはバレンタインチョコです」とコメントしていることからバレンタインデーに合わせて作り始めたものの、公開が5月になってしまったようですが、動画には「過去一で手順が理解できない圧倒的不審な一振」「17分かけて銀イオンの凄さを説明して残りの8分で頭のおかしさを説明する動画です」「4ヶ月投稿なくても納得できる作業量」とそんなことなど気にせず本編を楽しむコメントが寄せられています。

(※)すべての銀イオン(Ag+)製品が動画の実験と同様の効果を得られるわけではありません。動画内では電気分解をして銀を溶かしているため電解水には大量に銀が含まれている可能性があります。多量の銀を摂取すると銀皮症を発症する可能性があるため、体内に直接取り込むことは避けましょう。
(※)動画は安全に十分な配慮をして制作しています。絶対にマネをしたり、抗菌チョコレート包丁を食べたりしないでください。

画像提供:圧倒的不審者の極み!さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」