ニュース
» 2021年06月12日 13時46分 公開

「庵野秀明展」10月から国立新美術館で開催 ファンからは「めっちゃ行きたい」「音声ガイドは島本先生にお願いしたい」の声

絵コンテやミニチュアセットなどの制作資料を公開。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズを手掛けた庵野秀明さんの制作資料を展示する「庵野秀明展」が、10月1日から12月19日にかけて国立新美術館で開催されます。同イベントはアマチュア時代から現在までの資料を通じて庵野さんの創作活動に迫る世界初の展覧会とのこと。

「庵野秀明展」15秒CM映像。国立“シン”美術館になってるのが細かい

 「トップをねらえ!」をはじめ、さまざまなアニメーション作品に携わってきた庵野さん。「シン・ゴジラ」や「シン・ウルトラマン」などの特撮映画にも参加しており、2023年3月公開予定の映画「シン・仮面ライダー」では監督と脚本を担当することが明かされています。

 「庵野秀明展」では、アニメーター時代に参加したものから監督やプロデューサーを務めたものまで、庵野さんが関わってきた歴代の作品を網羅。自身の原点となった「アニメ」「特撮」作品の原画やミニチュアセット、独自の映像作りに欠かせない絵コンテや脚本に至るまで多彩な制作資料を展示するとのことです。

 開催を受けファンからは「庵野秀明展…だと!?」「めっちゃ行きたい」と驚きや喜びの声が多数寄せらている他、「落ち着いたら全国で開催して欲しい」「音声ガイドは島本先生にお願いしたい」といった声も上がっています。

庵野秀明 カラー 国立新美術館 アニメ特撮アーカイブ機構 ガイナックス 「庵野秀明」では、さまざまな制作資料を公開

庵野秀明展概要

会期:2021年10月1日〜12月19日

休館日:毎週火曜日 ※11月23日は開館

会場:国立新美術館 企画展示室1E

開館時間:10時〜18時 ※入場は閉館の30分前まで

主催:国立新美術館、朝日新聞社、日本テレビ放送網、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会

協賛:DNP大日本印刷

企画協力:カラー、グラウンドワークス:、アニメ特撮アーカイブ機構


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する