レビュー
» 2021年06月13日 12時00分 公開

憧れの「中銀カプセルタワービル」に住んでみた コロナ禍をきっかけに夢を実現した人の同人誌『カプセルタワー滞在記』司書みさきの同人誌レビューノート

不便なことも多いけど、それも含めていとおしい。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 通りすがりに見る印象的な建築物に、中はどんな感じかな? と見上げることがあります。今回の同人誌はそんな建物の中でもとびきり個性的なビルに住んだ方の記録です。

今回紹介する同人誌

『カプセルタワー滞在記』A5変形 24P 表紙2色刷り・本文1色刷り

著者:エビコ


同人誌 図書館 司書 白く浮かぶカプセルタワービルがやわらかな線で描かれます

憧れのカプセルタワーに暮らしてみると

 中銀カプセルタワービルは建築家の故黒川紀章氏が設計し、1972年に東京都銀座に建てられたマンションです。部屋1室ごとをまるっと入れ替えることを想定したアイデアや、丸い窓や作り付けの家具のデザインなど、特徴がいくつもあります。一方でコンパクトな面積や、老朽化による設備の不具合は住居として一般的とは言えない部分も。しかし完成から49年を経てもなお近未来的な雰囲気を感じさせる、人気のある建物です。

 このご本の作者さんは、コロナ禍でのテレワークが導入されたことなどをきっかけにして、憧れていたカプセルタワーに住んでみたとのこと。お風呂使用不可、メインの窓も開かないから換気にはドアを開け放すことになる……と言った、普通のお引越しならなかなか難しくなりそうな条件が多数ですが、それでもいいと思わせる魅力の空間について、たくさんのイラストで解説されていきます。食事は? お風呂は? 買い物は? と、暮らしにまつわる衣食住の細やかなあれこれは、実体験されたからこその目配りです。

同人誌 図書館 司書 水回りや換気などの情報から、時を経てそれでも愛される世界が伝わってきます

はみだす装丁で住まいの魅力を伝える

 こちらのご本を手にしたときに印象的なのがその作りでした。まずは表紙が内側に折り込まれ、ちょっとはみ出ているんです。読むときに表紙を広げて、ぱらりと縦に伸びるさまは、タワーが伸びるようなインパクト! それでいて薄くて柔らかい紙なので、開くときはそっと。本文も紙替えによる手触りの違いや、インクの色味の変化もあって、本を手に取る楽しさを感じさせてくれます。

 そこに描かれる作者さんの顔はなぜか三角。西洋甲冑(かっちゅう)の兜なのでしょうか。隠された口元、細くのぞく目からはこれ見よがしな感情の噴出はなく、でも銭湯からの帰り道の姿からはちょっと和んだ足取りが読み取れるように、暮らす楽しさは整理されたペンタッチから十分に発露されています。

 ご本をめくっていると、装丁や作品にみられるインパクトと繊細さ、シャープさとやわらかさが、およそ50年の時を経ながら近未来的であり続けるカプセルタワーのイメージととてもうまく重なっていきます。

同人誌 図書館 司書 本文に織り込まれ、読むときに広げる表紙。タワーが伸びる感覚!

暮らしを切り取る目線の楽しさ、本として残すこと

 カプセルタワーはさまざまな人の興味をひきつけていて、ねとらぼでも過去に何度か記事が掲載されています。住まいのレポートも多彩ですが、それでもやっぱり作者さんならではの発見、気付き、受け止めが一冊にまとまった楽しさは格別です。

 毎日の生活のうち、どこをチョイスするかって個性が出ますよね。例えば、「入居2日目の雨の朝、どこからか現代音楽のようなパーカッションがきこえてくる」と表現される目覚め、屋上で薄暗い東銀座のビル群を横目にしながらカップラーメンをすすった夜……。肩の凝らない日常のあちこちに、ひとさじの抒情的なエピソードが顔をのぞかせていて、胸震えます。もうすぐ50年目を迎える建物は、実は刻々と変化していて、いまだからこその一瞬がとらえられているのも感じます。

 取り外しできるカプセル型のお部屋が、新陳代謝のように入れ替わっていく未来は実現されていませんが、すてきなご本が魅力を伝えていくことも、一つの細胞の分裂、増殖のように思いました。

同人誌 図書館 司書 未来的なシャープな建物の内面が実に人臭く、生活感のある空間になっている面白さ

サークル情報

サークル名:しじましい

Twitter:@abcodef

pixiv:https://www.pixiv.net/users/1193417

現在入手できる場所:BOOTHタコシェ(6月24日から)

次回イベント参加予定:COMITIA137


今週の余談

 物件情報を眺めるのが好きです。行ったことのない土地の物件を見ては「海から近い!」などうれしくなっています。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」