ニュース
» 2021年06月18日 12時33分 公開

光上せあら、夜中に泣き叫ぶ長女に“夜驚症”などを疑い脳神経内科へ 「ストレスがあるのかも」 「とにかく繊細で敏感、神経質な子」(1/2 ページ)

幼少期から人一倍敏感だったという長女。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 元SDNで第2子を妊娠中の光上せあらさんが6月17日にブログを更新。生後8カ月の長女が夜中に何度も起きては泣き叫ぶため夜驚症などの疾患を疑い、脳神経内科のお世話になることを明かしています。

光上せあら 夜泣き 夜驚症 癇癪 産まれたばかりの娘との2ショット(画像は光上せあらオフィシャルブログから)

 16日に更新したブログで、長女が産まれたころから現在までを振り返った光上さん。長女が生まれたころから、同じように子育てしている人のブログを読んでは「あれ? うちの子はなんか随分違うなぁ」「ずっと泣いているしずっと不機嫌だし、何でだろう…」「思っていた子育てと随分違うな、、」と不安に感じていたとのこと。その思いが確信に変わったのは集団検診のときで、同じ月齢の赤ちゃんが多く集まった中で長女だけがずっと泣いており、健診が「まともにできない」状況だったそうです。

 さらに長女にワクチンを打った日から一週間は機嫌の悪さに拍車がかかり、外に出ただけで大泣き。光上さんは「とにかく繊細で敏感、神経質な子を産んだな」と思ったものの、月齢が上がってくると機嫌の良い日も増え、少し余裕がでて子育てができるようになったとのことです。

 しかし、睡眠に関してはいまだ問題が続いており、夜中に何度も起きては「ベットの上をグルグル転がりながら動き回り、苦しそうに叫び、目は閉じているのでうなされているような感じ」で起きてしまうことが日に何度もあると明かしていました。

光上せあら 夜泣き 夜驚症 癇癪 長女を寝かしつけている夫(画像は光上せあらオフィシャルブログから)

 17日更新のブログでは、ファンから「(自分の子どもと)同じです!」という声やコメントが多数寄せられたことを感謝の言葉とともに伝えた光上さん。夜泣きについては一時期落ち着いていたものの、「慣らし保育」が始まってから再び以前の状態に戻ってしまったことを明かしながら、「保育園がかなり精神的にきているのかもしれない。。」と環境の変化がストレスになっているかもしれないと告白していました。

光上せあら 夜泣き 夜驚症 癇癪 5月に撮影された家族3ショット(画像は光上せあらオフィシャルブログから)

 さらに、同じような症状の子どもを持つファンから、睡眠障害の一種である夜驚症を疑ったものの診察の結果てんかんだったというメッセージが寄せられたことも報告。「癲癇(てんかん)」を「癇癪(かんしゃく)」と見間違えてしまったのか光上さんは「後は癇癪。うん、それもとても当てはまります」とコメントしていますが、長女と似た症状だったため夜驚症を疑い最後に、「恐らく私は脳神経内科に連れて行くと思います」「理由がしり、彼女の中から嫌な事を取り除きたいから」と伝えています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」