ニュース
» 2021年06月21日 20時00分 公開

「バリ渋角度ですよ」 バッドボーイズ佐田、愛車「XJ400」にツッパリ角度が極悪な6連ラッパ装着(1/2 ページ)

あー、音がアレじゃないですか……!!(更新)

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹さんが6月12日、自身のYouTubeチャンネル「SATAbuilder's」を更新。愛車「XJ400」に6連ラッパを装着してしまった様子を披露しました。

XJ 「なんかいっぱいついてる〜」 6連ラッパを装着(SATAbuilder'sより)
動画が取得できませんでした
こだわりのツッパリ角度で夜露死苦!!(YouTube/SATAbuilder's)

更新(2021年6月28日)

不正改造車に乗るキミへ(YouTube/SATAbuilder's)

 旧車イベントでラッパの音を聞いてカスタム欲がまた沸いた佐田さん。愛車にラッパを取り付けたいと横兄さんのショップにバイクを持ち込み、早速作業です。ラッパ(6連エアホーン)を装着してツーリングに出掛ける予定とのことで、早くみんなに見せたくてテンション高めです。

XJ 何より「見た目」にこだわるお二人

 旧車エキスパートの「横兄」さんの知識も借りながら、さすが手慣れた様子で着々と作業を進める佐田さん。ざっとラッパを付けてウインカーも再装着、ピッタリはまったように見えますが「ちょっとだけ穴が合わないな」と見た目が何より重要とこだわりのお二人。

 ラッパ装着とともに佐田さんが別途入手して交換した当時モノ“マルゾッキ”のサスも傷つけず、またこれも目立つよう、位置と角度にこだわりながら細かい作業をしていきます。

XJ 究極の角度と見た目を目指すプロの装着テクも披露

 ラッパを固定するワッシャーを2枚から4枚に増やして固定強度を上げるなどのテクとともに、究極の「ツッパリ角度」を目指してあれこれ微調整。こだわり込めた角度に「これキテるよね〜」「キレイな並びよね」とホレボレ。ついに装着が完了しました。

XJ ぴっぴぴぴーと鳴り響く「SATAbuilder's」テーマ曲のラッパ音。“模範系”ライダーのツーリングメンバー、キクチウソツカナイさんも苦笑い

 「ここで鳴らして大丈夫ですか?」(佐田さん)

 「いいよ」(横兄さん)

 念願のラッパ音が響き渡ります。あー! この手の6連ラッパは「ゴッドファーザーのテーマ」がお決まりですが、これ「SATAbuilder's」のテーマ曲にカスタムされているじゃないですか!

 プロの技でイジったほかにはない総長流カスタムで、一同大喜び。6連ラッパを取り付けた愛車とツーリングに出発です。「安全運転で行くんで夜露死苦」。

XJ こだわりのツッパリ角度も決まり、ウキウキの佐田さん

 「ちなみにどこへ行くんですか?」とのディレクターの宇野さんに「知らん」と佐田さん。横兄さんについていけば、だいたいは最高のツーリングコースのようです。目的地を決めずに仲間とゆく気ままなツーリング。天気も良くてホント楽しそう……。装着ほやほやの6連ラッパもいい感じにキマッていました。「鳴らしませんよ。着いているだけですよ」(佐田さん)

 その楽しそうな様子に、ファンからも「総長たちの影響で、大型二輪教習申し込みしました!!!!」「改造後、(すぐ)走りたくなる気持ちわかる!」「見てたらバイク欲しくなった免許ねぇけど(笑)」など、むかーしちょっぴりやんちゃだった方、漫画や映画とともに憧れていた方のコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」