連載
» 2021年06月22日 14時50分 公開

身近な人物の裏切りに絶望 ドラマ「ドラゴン桜」学園売却計画もいよいよ大詰め、最終回に救世主現る?クイズDEドラマ(1/4 ページ)

やっぱりかー!

[宮澤諒,ねとらぼ]

 テレビドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)第9話が6月20日に放送されました。いよいよ最終回が迫り、東大専科は大学入学共通テストに挑むことに。そして、学園側では先代理事長のリゾート化計画に対抗すべく水野が奔走。しかし、ラストでは思わぬ番狂わせが待っていました。

クイズDEドラマ

4月期のドラマから毎話クイズを出題。問題は初級から上級まで全部で3問あるので、放送を思い出しながらチャレンジしてみてください。




 ※以下、ネタバレあり

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ 大学入学共通テストに向かう東大専科(画像はドラマ「ドラゴン桜」公式Instagramから)

ドラマ「ドラゴン桜」あらすじ

 東大入試の前哨戦となる大学入学共通テストまで約100日となり、スパートをかける専科メンバー。特別講師たちも再登場し、厳しくも充実した授業の様子が描かれます。一方、理事長たちは学園売却に理事長の承認が必要となることから、先代理事長側の人間の理事長就任をなんとしても防ごうと、頭を悩ませていました。

 特に水野は、東大を目指すきっかけとなった母校への思いが強く、せっかく東大に合格しても学園がなくなってしまうのはつらいだろうと、専科メンバーのために尽力。学校法人の運営を定めた根本規則である「寄附行為」の関係書類を見つけ出し、たとえ理事会で新たな理事が選任されても、学園の全教員の4分の3が意義を申し立てれば否決される、という情報を得ることに成功します。

 一方、そんなことを知る由もない専科メンバーたちはついに大学入学共通テストの受験日を迎えます。これまで勉強してきたこと、そして自分を信じて、問題に立ち向かうメンバーたち。しかし、天野や早瀬らが高得点を獲得する中、瀬戸と藤井は満足な点数を取れず、教室を飛び出してしまいます。藤井は桜木に説得され文科3類に文転することになりますが、瀬戸は翌日以降も戻ってくることはありませんでした。

 そして第9話終盤、いよいよ理事長側と先代理事長側が顔を合わせることに。信頼を置いていた岸本弁護士、そして坂本と米山までもが姿を現し、困惑する水野。「寄附行為」を持ち出して自分のペースをつかみますが、高原教頭によって呼び出された教員は水野たちの予想に反して、大半が先代理事長側に立つのでした。うろたえる理事長たちを前に、「楽しみですねぇ、ここが統合型リゾートに変わるなんて。学校なんかじゃもうからないもんね。どうせ定員割れだしね。世の中お金、お金、お金!」と下卑た笑いを見せる高原教頭。果たして学園売却問題はどうなってしまうのか、そして専科の未来は……。

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ 坂本と米山の2人も登場(画像はドラマ「ドラゴン桜」公式Instagramから)

 次回予告では、桜木の「久しぶりだな」のセリフとともに「最強助っ人登場!」の文句が映し出されるという気になる演出も。原作では、成長した矢島が登場する場面もありましたが、ドラマでは誰が姿を現すことになるのでしょうか。見逃せない最終回となりそうです。

ドラマ「ドラゴン桜」まとめ

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ ↑こちらをクリック

「ドラゴン桜」クイズ初級

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ

問題:「共通テストの心構え5カ条」に書かれていないのはどれ?(答えは次のページ

A:終わった教科のことは考えるな
B:1日目の試験後は一人で帰れ
C:問題用紙に書き込みをするな

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」