ニュース
» 2021年06月23日 16時02分 公開

映画「トランスフォーマー」最新作に「ビーストウォーズ」キャラ登場 日本語吹き替え版を思い出すファンも

舞台は1990年代の地球。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 映画「トランスフォーマー」シリーズの最新作「Transformers: Rise of the Beasts(原題)」が2022年6月24日に米国で公開されます(邦題は「トランスフォーマー/ビースト覚醒」)。「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」のキャラクターが登場すると明らかになり、ファンの間でさまざまな反応が寄せられています。

トランスフォーマー ビーストウォーズ 吹き替え 「Transformers: Rise of the Beasts(原題)」タイトルロゴ(画像はトランスフォーマー公式アカウントから)

 「Transformers: Rise of the Beasts」は、米パラマウント社が22日に開催したイベントで発表。監督は「クリード 炎の宿敵」(2019年日本公開)を手掛けたスティーブン・ケイプル・Jrが務めます。米メディア「The Hollywood Reporter」によると、「時空を超えて移動してきた先史時代の動物が、地球上で発見される」という設定で、1990年代の地球を舞台としたオートボットとディセプティコンの戦いに「ビーストウォーズ」のキャラクターが加わり、主人公であるオプティマス・プライムとゴリラの戦士オプティマス・プライマルが共演するとのことです。

 オプティマス・プライマルも登場した「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」は、惑星エネルゴアを舞台にゴリラやチーター、ティラノサウルスといった動物へ変形した超ロボット生命体の戦いを描く世界初のフル3DCGアニメ。1997年〜1998年にかけて放送された日本語吹き替え版では明るいタッチに脚色され、子安武人さんや千葉繁さんら豪華声優陣によるコミカルなアドリブが印象的な作品となりました。

 発表を受けファンからはキャストへの期待に加え、「実写トランスフォーマー映画と同じようなトーンの吹き替えになるんじゃ」「アドリブはエンドロールのNG集みたいな感じで出てきそう」など、日本語への吹き替え方を予想する声が続出。また、「ストーリーは死ぬほどシリアスなんだよね」「映像だけが同じの異なる作品であるのは意識しておきたい」と、原作の「ビーストウォーズ」と日本語吹き替え版の違いを指摘する声も寄せられています。

アニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」第1話
トランスフォーマー ビーストウォーズ 吹き替え 2007年から制作されている映画「トランスフォーマー」シリーズ(画像はトランスフォーマー公式アカウントから)
トランスフォーマー ビーストウォーズ 吹き替え オートボットのバンブルビーを主人公にした作品も(画像はトランスフォーマー公式アカウントから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」