連載
» 2021年06月24日 18時00分 公開

人魚のローラが「キュアラメール」に変身 「トロピカル〜ジュ!プリキュア」で描かれた“足を得る”選択についてサラリーマン、プリキュアを語る(2/2 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

人魚のままでプリキュアになることの是非?

 さて、この「キュアラメール」の誕生、子どもたちはもちろんのこと、大人プリキュアファンにも大きく響いたようです。放送終了後のTwitterの人気トレンドには「キュアラメール」が入り、大きく盛り上がりました。

 もちろん「ローラがプリキュアになれてよかった」という肯定的な意見が大半だったのですが、一部では「足を得るのではなく、人魚の姿のままプリキュアになった方がよかったのでは?」という意見も一部見られたことも事実です。

 もちろん、人魚スタイルではなく「足のある人間スタイル」になったのは、身も蓋もないことを言えば「商業上の理由」が1つにあるものと思われます(アニメ本編やプリキュアショーなどでも足がないと動かしづらいですしね。推測の域をでませんが)。

プリキュア アニメ ニチアサ トロプリ トロピカル〜ジュ!プリキュア ローラ キュアラメール 足を得て、うれしさのあまり泣き出すローラ

 ただ「人魚スタイルのままの方が良かった」という思いも分からなくもないのですよね。

 もちろんプリキュアは子どもたちのためだけに描かれるアニメであり、外野の大人ファンの意見に意味がないことは承知の上で、一部の大人のプリキュアファンたちがローラの初変身のときに何を思ったのか見ていきたいと思います。

人魚としてのアイデンティティー

 おもちゃなどの展開をみる限り、この先ローラは人魚姿に戻ることなく人間の姿のまま活動していくものと思われます。つまりローラは「人間になった」のです。

 ただ一部では「ローラには人魚の姿に誇りを持ってほしかった。わざわざ人間と同じ姿になる必要はあったのか?」「人魚の姿のままで、人と過ごせる世界の方が多様性のある健全な世界なのでは?」という言説も見られました。

 いわゆる「人魚としてのアイデンティティー」の提示方法に疑問を持った人も多かったようです。

 これに関しては、この先の展開でアイデンティティーの問題が解決するかもしれませんので何とも言えませんが、個人的には「人間になりたいと願ったローラが、人間になった」のですから、これ以上何も文句のつけようがありません。「なりたい自分になる」ことはずっとプリキュアで描かれてきたことであり、過剰な道徳的側面はあくまで副次的な要素だと思います。

 また一部では、人魚という存在を「ハンディキャップを背負った子どもたち」のメタファーとみなし、歩けることこそが良いことと一方的に定義づけるのではなく、むしろ人魚のままプリキュアとした方がハンディキャップを背負った子どもたちを勇気付けるのでは、という論調もありました。

 ただ、前作「ヒーリングっどプリキュア」のように医療がテーマの一つならともかく、今作の明るいテーマ的にも人魚が「ハンディキャップを背負った子ども」のメタファーとするのは、やや考えすぎだとも自分は思います。

 なまじローラの人魚姿でのポジションや振る舞いが完璧な立ち位置だったために、人魚姿のままでいてほしい、という気持ちも良く分かるのですけどね。

 とにもかくにも「自分で道を切り開き、プリキュアへとなった人魚ローラ」を祝福したいと思います。

ローラが一番やりたいこと

 ローラが「今、一番やりたいこと」は「まなつたちと一緒に過ごすこと」と明示され、晴れて人間になり「キュアラメール」へと変身しました。ではローラにとって作品のテーマでもある「今、一番大事なこと」は何なのでしょうか。「まなつたちと過ごしたい」の先にある彼女の「一番大事なこと」がこの先のローラの物語へとなっていくのではないでしょうか。

 この先ローラは「足を得ることができてよかったね」で終わるのか、それとも「足を得たことによる代償」が描かれるのか?

 明るく楽しい作風のトロプリですので、暗いお話にはならないと思いますが、この先の展開も楽しみですよね。

プリキュア アニメ ニチアサ トロプリ トロピカル〜ジュ!プリキュア ローラ キュアラメール ローラの一番大事なこととは

 さて、そんな魅力が詰まったローラなのですが、せっかくプリキュアになったことですし、ぜひたくさんの人に広めてほしいのです。

 ローラは(偶然かもしれませんが)“写して人に見せると病気から逃れられる”という「アマビエ」に似ている、と一部では言われています。

 みんなの手でローラの魅力を広めれば、子どもたち、そして世界が元気になり災厄も遠のくのかもしれません。

 2021年の人魚姫ローラは自分の手で道を切り開きます。人魚姫の物語は、足を得てからが本番なのです。

プリキュア アニメ ニチアサ トロプリ トロピカル〜ジュ!プリキュア 2020年はズレてしまった「アニメの登場」と「玩具の販売」の連動も2021年はバッチリです(画像はAmazon.co.jpから)

「トロピカル〜ジュ!プリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション

関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」