ニュース
» 2021年06月24日 21時00分 公開

予約が取れない超人気占い師に見てもらったらヤバかった 当たらぬも八卦すぎてもう笑うしかない実録漫画(1/2 ページ)

当たるも八卦当たらぬも八卦とは言うけれど……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「予約が取れないほど超人気」の占い師に、前世をみてもらったら……? 占い体験を描いた実録漫画が、まさかのオチで乾いた笑いを誘います。作者は現役テレ東社員にして漫画家の真船佳奈(@mafune_kana)さん(関連記事)。

漫画をまとめて読む
アイキャッチ 信じる信じないはさておいて、前世を教えてもらえるとしたらドキドキ

 真船さんが20代のころの体験談。知人の紹介で、人気の占い師にみてもらえることになりました。

1P

 占い師は1時間1万円で、前世から未来までの全てを見通してくれるとの触れ込み。知人がみてもらったときは、前世が「俺が子に恵まれなかったのは女を泣かせたせいだな……来世では子を作って良い親を目指して生きるぜ」と言い残して亡くなった呉服店の放蕩(ほうとう)息子で、だからこそ「早く結婚して子どもを産みたい」のだと言い当てられたのだそうです。

2P

 知人のエピソードを聞いて、真船さんは自分の前世は? と興味津々。ワクワクして占い部屋を訪ねたところ、柔和な女性の占い師に迎えられました。前世占いを頼んで、ドキドキしながら結果を待つと……?

3P
4P
5P

 「あなたの前世は呉服店の放蕩息子!」――聞き覚えのある結果が出てきました。というか、知人のケースと同じです。真船さんはとりあえず「類は友を呼ぶから、前世が呉服店同士で仲良くなったのかな?」などと解釈しますが、続いた言葉は「俺が子に恵まれなかったのは女を泣かせたせいだ〜」。どうやら占い師はあらかじめ用意したテンプレをしゃべるスタイルらしく、完全に同じ話をしていたのでした。一度みた客の紹介でやって来た客に、なんでバレないと思ったんだ。

6P

 「私は今1万円払って他人の前世を……いや、知らん放蕩息子の話のアンコールを……!」と、あきれる真船さん。とはいえ、占い師の圧が強くてツッコむにツッコめず、ほかの占いを頼んだところで信用できそうにもなく、占いでなく落語の貸し切り公演なのだと脳内で処理し、実にならない話に黙って耐えるのでした。夢を見せるつもりなら、せめてもう少し上手にやってほしかったですね……。

作品提供:真船佳奈(@mafune_kana)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する