ニュース
» 2021年06月26日 20時48分 公開

だいたひかる、5年前の抗がん剤治療で脱毛した姿に「オランウータンの赤ちゃん」 2016年、不妊治療中に乳がん発覚

産毛も抜けて化粧のノリが良くなったそうです。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 お笑いタレントのだいたひかるさんが6月26日、「変なハゲ方をしていた5年前」というブログエントリで抗がん剤治療によって髪が抜けた頭の写真を公開。当時を振り返っています。

だいたひかる 乳がん 抗がん剤 ハゲ 髪 この明るい表情よ(画像はだいたひかるオフィシャルブログから)

 だいたさんは「5年前の今日の写真」としてスマホのアルバムからの写真を紹介。2016年の4月から始めた抗がん剤治療を4回ほど終えた後の髪の状態を、「つるっぱげでは無く、オランウータンの赤ちゃんふうで暮らしていました」と説明しており、ふわっとした髪の毛が数本残っているだけとなっています。なお、中途半端という理由から、この後、夫にすべて剃ってもらったそうです。

 さらに、“抗がん剤でよかったこと”として、「シャワーが凄い気持ち良かった事と……産毛も抜けるから化粧がノリにノリます」と2点を挙げており、ブログの最後にはオランウータンの赤ちゃんをデザインした商品のリンクを貼っています。

 がんをものともしないポジティブな姿にファンからは、「いつも明るい! マイペース!」「勇気のようなものを頂いた気がします」「脱毛中なのに可愛い!」「ほんと強い人だな」「綺麗! そしてカッコいい!」「こうして思い出の一コマとして話せるのも素晴らしいと思います」「髪が薄くなっても笑顔で見せてくれるところが偉いなと思います」などの声が寄せられました。

だいたひかる 不妊治療 人工授精 受精卵移植の判定結果を聞きに病院を訪れた日のだいたさんと夫の小泉貴之さん(画像はだいたひかるオフィシャルブログから)

 だいたさんは2013年にアートディレクターの小泉貴之さんと結婚し、2016年、不妊治療中に乳がんが発覚。右胸を全摘出する手術を受けました。その後、2019年3月にも乳がんが局所再発したため摘出手術を受けることになります。

 2020年9月には、乳がん治療を中断して不妊治療を再開することを報告。2021年5月には、最後の不妊治療として40歳のころに凍結した受精卵の移植を行ったところ妊娠が確認されました。胎嚢と卵黄嚢が確認され、医師からは「大きさもこれだけあれば順調です」との診断を受けたそうです(関連記事

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する