ニュース
» 2021年06月28日 20時00分 公開

木下ほうか、6気筒の伝説モンスター「CBX1000」にまたがり硬派な走行シーンを公開 「やっぱりCBXは存在が特別!」の声(1/2 ページ)

CBXの快音かっけぇぇ。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 俳優の木下ほうかさんが6月17日、自身のYouTubeチャンネル「ほうか道」を更新。愛車「CBX1000」で街中を走り抜ける様子を披露しました。

CBX1000 6気筒のバケモノバイクで駆け抜ける木下ほうかさん(ほうか道より)
【4K映像】祝100本目投稿!! かっこいい走行4K❤CBX1000(YouTube/ほうか道)

 公開されたのは、ガチなバイク好きで知られるほうかさんがトーク一切なしで「空冷6発」のCBX1000をひたすら楽しむクロウト向け動画。自身の動画投稿100本目記念として、穏やかなBGMが流れる中、ほうかさんがカスタムCBX1000で快音を奏でながらさっそうと街を走り抜けました。

CBX1000 バイクもサウンドも乗ってる姿もカッコいい

 CBX1000は1979年、当時のGPレーサーと同じ「空冷6気筒」のエンジンを世界で初めて量産化した伝説のスーパースポーツバイク。ホンダが技術を結集し「空冷4サイクルバイクとして究極・頂点の姿」を追求して生まれました。

 排気量のデカいバイク、多気筒エンジン搭載バイクこそ数あれど、大型バイクとして標準的なサイズの車体にズドンと横へはみ出た並列6気筒の巨大ハイパワーエンジンを搭載した“量産車”のバケモノはごく限られます(並列6気筒車として、1970年代終盤に登場したカワサキ・Z1300/KZ1300も同様に伝説)。

 バイクらしい太いサウンドの4気筒に対して、6気筒のCBXはクルマ的というか、ジェット機のような快音。「実際、排気音にジェット戦闘機の音を取り入れた」といった逸話も残り、「F1サウンド」などとも評されることがあるそうです。

 当然、現行のバイクに空冷平6のラインアップはなく、希少さと唯一といえる存在感ゆえ、今やびっくりするプレミア価格で売られている固体も珍しくはありません。

CBX1000 伝説の空冷6発マシン「CBX1000」(ホンダWebサイトより)
CBX1000 要所のこだわりカスタムで、車齢40年以上の車種とは思えないほどビッカビカ
CBX1000 CBX1000のサウンドはぜひ動画で

 あぁぁそれにしても6本並ぶシリンダーとパイピング、そしてサウンドが美しい……! 要所の最新こだわり仕様で古さを全く感じさせないほうかさんのカスタムセンスもすごい。

 黒のジャケットに身を包みアクセルをあおるほうかさん。このモンスターを乗りこなす姿もキマッています。動画ではバイクを停車させ、親指を立ててサムズアップのサインを出すうれしそうな様子も。

CBX1000 ライダースジャケットを着こなす激シブのほうかさん

 ファンからも「やっぱりCBXは存在が特別」「ある意味、もっとも有名で手の掛かったCBX」「100本目おめでとう!」「ほうかさん、渋い!」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する