ニュース
» 2021年06月24日 20時00分 公開

千原ジュニア、美しすぎる愛車「CB750FOUR」を紹介 自分の生まれ年の旧車にまたがりバイク愛を語る(1/2 ページ)

こだわりの旧車「今やお値段○○○万円」、わお!!

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアさんが6月13日、YouTubeチャンネル「千原ジュニアYouTube」を更新。ビッカビカな愛車「CB750FOUR」を披露しました。

CB750FOUR 愛車の「CB750FOUR」 超ビッカビカ(千原ジュニアYouTubeより)
ジュニアの愛バイク!〜HONDA CB750FOUR〜(YouTube/千原ジュニアYouTube)

 「ジュニジュニー♪ ワオ!!」とオリジナルのチャンネルOP曲を歌いながら登場したジュニアさん。この日はツーリング動画を撮影する予定でしたが、悪天候で中止に。代わりにノリノリで愛車を紹介をしてくれました。

CB750FOUR 1974年モデルをCB750FOURのK0仕様にリペイント済み

 ジュニアさんの愛車はホンダ「ドリーム CB750FOUR」。1969年登場。空冷4気筒“ナナハン"エンジン。量産車として初めて時速200キロ超えを記録し、ホンダ創業者・本田宗一郎氏が「こんなバケモノ、誰が乗るんだ?」と言い放ったという伝説が残る名車です。

 ジュニアさんのこだわりは製造年とカラーリング。製造年は自身の生まれ年と同じ1974年。この1974年製K4モデルをリペイントし、初代1969年製モデルの鮮やかなブルー(キャンディブルー)にした“K0仕様”にしました。

CB750FOUR (参考)「ドリームCB750FOUR」(1974年モデル)(画像:ホンダ

 とにかくマシンはビッカビカ。マフラーをショート管に変えた以外はほぼノーマルを維持しているそうです。これ、1970年代、47年前のバイクですからね。はぁぁ、これはすごい……。

 「ちなみに今の相場でいうと(お値段)どれくらい?」と尋ねたスタッフさんに「300万円くらいはするんじゃない? (10年ほど前に)買ったときはそこまでじゃなかったけど」とジュニアさん。

 そう、昨今の旧車バイクブームで需要が高まり、ホンダのCB(関連記事)、カワサキのZ(関連記事)など程度のよい“日本メーカーの絶版名車”の価格が年々高騰しています。ノーマル状態を保った良コンディションの希少な個体となると、びっくりするプライスタグが付いていることも、「ASK」扱いで価格さえ出ていないこともあります。

 「今や外車よりも高級な国産の旧車」(ジュニアさん)。……先見の明ありすぎです。

CB750FOUR 10年ほど前にカワサキ「900SUPER4(Z1)」を購入するも、やっぱりCB750FOURも欲しくなってこちらもすぐ購入したのだそうだ

 エンジンサウンドからも極上コンディションっぷりが分かります。アクセルをふかすとブォンブォン! とエンジン音が響きます。

 愛車にまたがりやっぱりうれしそうなジュニアさん。ショート管マフラーからはパパパンとちょっとヤンチャさが伺えるものの「またノーマルマフラーに戻したくなりますよ」とも。手を加えて自分好みにいろいろカスタマイズした愛車も、最終的にノーマルに戻したくなるカスタムあるあるを語ってくれました。

 相方の千原せいじさんもバイク好き(関連記事)ですが、せいじさんはドゥカティ「ムルティストラーダ」や世界666台限定のモンスターマシン「ディアベル・ディーゼル」オーナーで「最新」が好み。兄弟でバイク趣味こそ同じなれど、好みの方向は違うようですね。

CB750FOUR 旧車にまたがり旧車の魅力とせいじさんとの違いを語る
(参考)せいじの超限定モンスターバイク後編&未来系最新ヘルメット開封の儀(YouTube/せいじんトコ)

 ジュニアさんの愛車語りはまだ続きます。CB750FOURのとなりにもう1台別のバイクも。「2ストで750cc出すこのすごさ」とジュニアさんが紹介するのは……「キックのみです」とエンジンをかける2台目の紹介は後編に続きます。

CB750FOUR 次回はナナハンなのにキックのみのもう1台の愛車も紹介

 ファンからも「ジュニアさん似合うなぁ」「めっさかっこええー」「ジュニアさんが楽しそうのが観てて嬉しいw」「お兄さんのモトコンポとのコラボよろしくお願いします」などのコメントが多く寄せられていました。



(カナブンさん)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」