ニュース
» 2021年06月29日 20時00分 公開

千原ジュニア、当時世界最速のじゃじゃ馬愛車「マッハ750SS」を紹介 人気過ぎて盗まれる可能性を心配……(1/2 ページ)

白煙にまみれながらめっちゃうれしそう。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアさんが6月17日、自身YouTubeチャンネル「千原ジュニアYouTube」を更新。「このアシンメトリーと色がめちゃくちゃ好き」と惚れまくる愛車「MACH(マッハ)」を披露しました。

MACH 立ち乗り姿もキマッています。(千原ジュニアYouTubeより)
ジュニアの愛バイク!〜Kawasaki MACH 750SS〜(YouTube/千原ジュニアYouTube)

 旧車好きジュニアさんの愛車紹介2台目はカワサキの「マッハ 750SS(H2)」。1971年登場、50年前のバイクで「日本にマクドナルドが来たころくらい(のマシン)」(ジュニアさん)。“2スト”の750cc3気筒という、今やもう二度と市販車では実現しないであろうバケモノのようなパッケージでデビューしました。

 当時世界最速記録を持っていた、同シリーズで2スト500ccエンジン「500SS マッハIII」の記録を前回紹介したジュニアさんのもう1台の愛車「ホンダ・CB750FOUR」(関連記事)が王座を奪います。「ざけんな、負けられるか」と、カワサキが執念のマッハ 750SSで「世界最速」の座を奪い返した──という胸熱な展開が繰り広げられていた熱き時代の名車です。

 ……というか、その時代の頂点2台をここまでビッカビカ状態で所有しているのがまずうらやましすぎます。「かっこええなぁこの色」とベタ褒めのカラーリング、キャンディーゴールドもキラリと輝きまくりです。

MACH 強烈な加速で「じゃじゃ馬マッハ」と呼ばれ、めったな人には乗りこなせないというバイク
MACH (参考)型式H2のDNAが色濃く宿っているされる現代のスーパー怪物バイク「Ninja H2」

 ジュニアさんのお気に入りは右2本、左1本の3本出しマフラー。「アシンメトリーめちゃくちゃ好き」「(後ろから見た姿の)このアンバランス感がたまらん」と説明にも力が入ります。

 当時、タレントのヒロミさんにマッハ 750SSを買うことを伝えたところ「ダメだよ、あれは止まること考えて作ってねぇんだからよ」とアドバイスを受けたエピソードも。その教えを守りフロントブレーキを「ダブルディスク」にカスタムして強化しつつも「あとはノーマルです」。首都高を走行中にエンジンがいきなり不機嫌になって停止した、じゃじゃ馬(?)ならではのハプニングもあったとか。

MACH アシンメトリー3本出しのマフラーがお気に入り

 ではお待ちかねのエンジン始動。愛車に立ち乗り、「キックのみ」というMACH 750SSのキックペダルを全身力を込めて踏み下ろします。ドルンドルン力強い低音、回すとビィィィンとかん高い音が入り交じる“ならでは”の2ストサウンド、そして「白い爆煙」。

 カメラの前はモクモクです。「この白煙が2ストたるゆえん」「ツーリングに行くと後輩がこぞって前走る」と白煙にまみれながらホントジュニアさんうれしそう。

MACH 白煙にまみれながらめっちゃうれしそう

 お値段もやっぱり今やすごいことになっているそうです。「(前回のCB750FOURと)同じくらい?」(関連記事)とスタッフさん。「もっといくんじゃないかな……」とジュニアさん。

 だからどこに停めても盗難に逢う可能性が心配の種。ジュニアさんは「サービスエリアで停めてメシ食って戻ってきたらなくなっていた話」を聞いたことがあるようで、なおさらです。

 「次考えてるバイクってあるんですか?」との質問には「(英国BSAの)ゴールドスター」。購入を狙っているものの出回るのは稀。「では、買うとかじゃなくて乗ってみたいのは?」と聞かれると「そんなんやめて」と候補が多すぎて回答に困る様子も。ハンバーグ師匠(関連記事)とマッハ 750SSで熱海にツーリングにでかけたときの思い出なども飛び出しました。ジュニアさんの愛車にまつわるエピソードはまだまだありそうです。

MACH 乗りたいバイクが多すぎて答えられない

 ファンからも「マッハかっこいいですね」「旧車バイクはいいですね!」「このエンジン音は魂震えるw」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」