ニュース
» 2021年06月29日 19時00分 公開

【その視点はなかった】嫌いな人には素うどん、好きな人には天ぷらうどんな対応を うどんの体すら取れていない対応は駄目という話(1/2 ページ)

いかなる場合も麺を抜いちゃ駄目。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 言われてみれば「その視点はなかった!」とヒザをうちたくなるツイートを、イラストでご紹介。今回は、たとえ嫌いな人と話さなければならないときも、最低限の対応をしたほうがよいという内容を、うどんにたとえたツイートです。態度を変え過ぎると、自分をおとしめることになりますからね。

「最低でも素うどんレベルの対応を」

その視点はなかった こちらまでヤなヤツにならなくていい(イラスト:野田せいぞ

「あの人が嫌い」なのは別に悪いことじゃなくて「あの人が嫌いだから良くない態度を取る」事がいけないわけなのよ。
嫌いな人であろうが、最低でも素うどんレベルの対応はしないといけない。好きな人に海老天を乗せるんだ、嫌いだからって麺を抜くのはマナー違反だもの。うどんの体はとらないとだめ。

(にわかはんぞー @一般じじいさんのツイートより)

 このツイートしたのは、にわかはんぞー @一般じじい(@niwakasennpei01)さん。「あの人は苦手」っていうのは、誰にでもあること。それは別に悪いことじゃない。だけど、「だから相手によくない態度をとる」のは駄目という趣旨です。

 にわかはんぞー @一般じじいさんは、この態度の話を「うどん」に例えて説明。どんなに嫌いな人であっても、「素うどんレベルの対応を」というのです。嫌いだからといって麺ごと抜くのはマナー違反。逆に好きな人を相手にする場合には「海老天をのせる」イメージだそうです。

 確かにどんな相手でも。相手の性格に合わせてこちらまで性格をねじまげる必要なんて、なかったんだ。

 このツイートのリプライ欄には「とっても大切なこと」「大人だからね」と賛同するコメントが多数。と、同時に「やばい、嫌いな人にめっちゃ麺を抜いている」「素うどんを出せるようにがんばろう」などと、自らの行動を反省するコメントもみられました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する