ニュース
» 2021年06月30日 18時55分 公開

小学館『日本短編漫画傑作集』を「少年青年漫画編」のサブタイ追加し発売 小学館「ご指摘を踏まえて、社内で検討した結果」

第1巻は1959年から1967年頃の傑作を収録。

[ねとらぼ]

 小学館は6月30日、かねて発表していた国内短編漫画アンソロジーを『日本短編漫画傑作集 少年青年漫画編』に改題して発売しました。

 もとは『日本短編漫画傑作集』という書名で発表されていましたが、収録作品に対し「選者に女性がいない」「少女漫画が収録されていない」といった指摘が相次いでいました。

 『日本短編漫画傑作集 少年青年漫画編』は、日本漫画史から厳選された短編のアンソロジー(全6巻)。例えば第1巻は、手塚治虫、平田弘史、白土三平、さいとう・たかを、石ノ森章太郎……と1960年代に活躍した巨匠の名前が並んでいます。

 Twitterでは、「日本短編漫画傑作集」と銘打っているにもかかわらず、選者に女性が含まれていないことに批判が。また、女性作者の作品は収録されているものの、収録作品に“少女漫画”と呼べる作品が見当たらないことに疑問を持つ人も多く、「選者が全員男性って意味わからん」「書名は“日本の短編漫画全般”を指していながら少女漫画を除外するのはいかがなものか」といった声が上がっていました。

 小学館は6月30日、ねとらぼの取材に対し「ご指摘を踏まえて、社内で検討した結果、少年青年漫画編というサブタイトルを加えました」と回答しています。

 6月30日には第1巻〜第3巻を発売。残る第4巻〜第6巻は7月30日の発売を予定しています。価格は各1680円。

【7月1日19時追記】タイトルと本文を一部修正しました
【7月1日20時30分追記】本文を一部修正しました


各巻ラインアップ

  • 1巻 1959年から1967年頃まで(手塚治虫、松本正彦、平田弘史、白土三平、さいとう・たかを、石川球太、石ノ森章太郎、つげ義春、青柳裕介、池上遼一)
  • 2巻 1968年から1970年頃まで(永島慎二、水木しげる、宮谷一彦、佐々木マキ、横山光輝、藤子不二雄A、佐藤まさあき、ちばてつや、やまだ紫、つりたくにこ、ダディ・グース)
  • 3巻 1971年から1974年頃まで(安部愼一、永井豪、松本零士 、かわぐちかいじ、辰巳ヨシヒロ、川崎ゆきお、つげ忠男、 ジョージ秋山、鈴木翁二、諸星大二郎、上村一夫、山上たつひこ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」